タグ:CUBKI

08


ピッチやらブログやら、細切れで情報発信してはいるのですが、酒井が何をしているのかまとまった記録を付けられていなかったので、あらためて今僕が取り組んでいる事業について書こうと思います。

僕は2014年1月にニューロープという会社を立ち上げ、3人のチームでCUBKI(カブキ)というウェブサービスを運営しています。

モデルさん、読者モデルさんを中心に現在120人くらいのタレントさんたちと提携しています。CUBKIでは、彼女たちのコーデに似ているプチプラ(注:低価格)のアイテムを買うことができます。憧れのモデルさんの着こなしを気軽に取り入れることができるのがポイントです。

マガジンサイトではスタイリストさんの書いたトレンド記事や、モデルさんのインタビュー記事を読むことができます。
夢展望さんと組んでファッションコンテストを実施したりもしています。

勝手に他サイトから画像を引用してサービスを展開しているベンチャーはたくさんあるし、それで成功しているところも少なくありません。
うちがそういったことをせずにいる背景には、正義感もありますが、"著作権を違反していたらタレントさんたちの協力を得られない"という事情も多分にあります。著作権を無碍にすると、コンテストやインタビューといった我々とタレントさんたちのコラボ企画が成立しなくなります。
著作権をクリアにして、きちんとコラボしていることがCUBKIの強みだと思っています。



話が少しだけ横道にそれますが、先日「一瞬の夏」という上下巻のノンフィクションを読みました。一度はチャンピオンに輝いていたボクサーが持ち崩し、4年のブランクを経てからまた王座を目指すストーリーです。特にボクシングに興味があったわけではないのですが、ノンフィクションが好きであることと、作家があの「深夜特急」の著者である沢木耕太郎さんだったことから手に取りました。
チャンピオンにでもならない限り、ボクシング一本で食べていくことはできません。更に興行側の都合が大きく、選手側にやる気があってもいつ試合を組めるのか分からない。ボクシングとは別に仕事をしながら、生活を切り詰めながら、いつあるのか分からない試合のためにコンディションを整え続ける必要がある。水泳やフィギュアスケートの選手が試合に向けて調整するのに苦しんでいることを考えると、そもそも「その試合がいつになるか分からない」というのは想像するだけで恐怖です。
そういった”しんどい日々"を切り抜けても、最終的に"勝ちか負けか"というシビアな未来に突き進んでいるところに、僕は起業家と重なる部分を感じました。どんなに頑張っても、相手も頑張っているわけだから、ダメかもしれない。人生を擲って打ち込んでもどうなるか分からない。
それでもボクサーも起業家も頑張り続ける必要があると思います。
「一瞬の夏」では主役のカシアス内藤の他にも数人、丁寧に描かれているボクサーが登場します。読んでいて感じたのは、勝つために頑張ってきたボクサーは"負けても美しい"ということです。反面で十分な調整もせず、 ファイトマネーを目的として勝つ気があるのかないのか分からないような体型でリングに上がるのは恥ずかしいし、そんな試合をしても本人が気持ちを消化できるはずがありません。
僕はこのことを他人ごととして突き放すことができません。お腹をたるませて最後の勝負に出られずあきらめていった起業家は少なくないし、その気持ちも痛いくらいに分かるからです。でも、それをやってしまったら志が折れてもとに戻せなくなってしまう気がします。
今のタイミングでこの作品を読めて本当に良かったと思います。

48
検索クエリ数の推移

CUBKIを10月にリリースして以降、利用者は順調に伸び続けています。(上図参照)
今月末にはかなり大きな施策を打ちます。
来月頃にはiOSアプリもリリースする予定です。
また、現在はフリーのモデルさんたちがメインですが、芸能事務所さんとの提携にも動き出しています。例えばですが「ローラさんのコーデをプチプラで買える!」と言えばサービスとして分かりやすいし、多くのユーザーさんに支持されるサービスになるからです。(ここは何が何でもはずせない部分だと思っています。芸能事務所さんとつながりのある方がいらっしゃればぜひご紹介ください!)

勝ちにいきます。
今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします!

(繰り返しになりますが、芸能事務所さんとの提携を進めています。提携することで、芸能事務所さんにもすごく分かりやすいベネフィットを提供できます。簡単に言うと、現在様々な新興メディアがタレントさんの著作物にフリーライドして収益を上げています。これをオフィシャル化して、収益やトラフィックをしっかりとタレントさん、事務所さんに還元する仕組みを作ります。ピンときた方はFacebookでもメールでもご連絡くださいませ!)

04

僕はCUBKI(カブキ)というメディアコマースを運営しています。
モデル、読者モデル、スタイリストのようなタレントさんたちのファッションスナップがサイトには並んでいて、ユーザーはそのコーディネートの着用アイテムに似ているアイテムをプチプラ(低価格)で購入することができます。

どうやってスナップに”似ているアイテム”を紐づけているかというと、流行りの画像認識ではなく、人力に頼っています。今後画像認識と人力のハイブリッドにするようなことは考えられますが、人力に分があることは当面変わらないと考えています。

43

こういう話をピッチイベントですると、ウケがあんまり良くありません。他のスタートアップが「どう自動化するか」「どうデータ活用するか」というモダンな話をしている中で、何だか"いけてない印象"を与えるのだと思います。

でも「筋が悪いな」と人から思われるくらいがちょうど良いと思っています。ウェブアプリもスマホアプリも乱立する中で、人のやりたがらないこと、人のしようとしないことに取りかかって初めて今までになかったサービスを作りあげることができるからです。

とは言ってもCUBKIは無闇に人力に頼っているわけではありません。CUBKIが扱っているのはモデルや読者モデルのようなタレントのスナップだけ。コンテンツ価値が非常に高いんです。千疋屋があまおうを一つ一つ磨いてきれいに箱詰めするのと同じように、我々は職人の手でスナップを一つ一つデータ化していっています。もともとコンテンツ価値の高いものに、更に付加価値をプラスしているんです。

こうすることでユーザーに確かなバリューを提供できます。かわいいスナップが並んでいるので、CUBKIを開くだけでも気分が上がります。気に入ったアイテムはプチプラで購入してファッションに取り入れられるので、より「自分ごと」の深度のあるメリットを享受できます。更にファッションに関するエモーショナルな記事を読めば、内面磨きにもつながります。分かりやすいところから理解にちょっと時間がかかるところまで、レイヤーを複数持つことで「実際に使われて」かつ「飽きのこない」メディアを目指しています。

一方でタレントさんたちにはお金を稼いだり、新しいファンを取り入れたりできる場を提供しようとしています。タレントさんをうまく利用しようとかいう魂胆はなくて、個人として頑張っている人たちの力になることをまずは考えています。タレントさんたちの力になることができれば、おそらく結果はついてくるからです。
まだ始めたばかりですが、タレントさんたちを取材する企画も始めました。モデルさんたちは皆さん熱い思いをお持ちなんだけれど、必ずしもそれを文章表現することに長けているわけではありません。「新しいコンテンツを引き出す」という面でもお力になりたいと思っています。
育児、美容師、モデルの仕事を楽しみながら、外見も内面も磨く"望月けい子さん"にインタビュー! 


まとめると、現時点ではとにかく「ユーザーに支持されること」を一番に考えています。ユーザーさん、タレントさんたちのためにならないことには、何も始まりません。
ビッグデータ的なものは最初に見通しを立てて設計さえしていれば、後からいくらでも活用できます。例えばCUBKIにはデータ化された大量のハイセンスなコーディネートがあるので、ファッションリーダーであるタレントたちが「何と何を着合わせているのか」というデータを持っています。このデータを活かして人工知能のスタイリストを作ることもできるし、次期のトレンド予測をするようなこともできます。
まずは使ってもらう。そこを愚直に突き詰めているのが、CUBKIの現状です。 

CUBKI(カブキ)
Facebookページ 

↑このページのトップヘ