タグ:起業家

2

中学から大学にかけては純文学を読みふけり、社会人になってからはビジネス書や技術書を読みあさりました。
多い年は600冊、少ない年でも100冊くらいは読んでいます。
書籍は体系立ってまとめられたものであるため、「そこそこ」の領域までインプットする上ではこれ以上のものがありません。
僕が本でのインプットを大切にする理由は主に下記の2点です。

・起業家やプロデューサー職の人は幅広い領域について知識を持っていないと、的確にディレクションができない。専門家になる必要はないが、無知であることは避けないといけない。
・知っているだけで避けられる失敗があります。ビジネスは基本的にトライアンドエラーを繰り返していくもので、失敗にも大いに価値はあると思うのですが、そうは言っても数は減らせます。読書で近道ができます。

そんなこんなで正確なところは分かりませんが、少なくとも3,000冊以上は読んできた中から読んで損がない4冊をご紹介します。

人を動かす/デール・カーネギー

僕はクリエイターなので、どうしても自分で手を動かしてしまいます。自分で思い描いたものは、人にイメージを共有するより自分で作ってしまったほうが一時的には楽だしスピーディです。でもそれだとすぐに限界が来ます。
社内の誰かの力を借りる必要があるし、取引先に何かをお願いすることも増えてきます。そのためには、人に気持よく動いてもらう必要がある。個人事業主として年収1,000万とか2,000万で満足するなら話は別ですが、それ以上スケールするためには避けて通れないエッセンスがこの本には詰まっています。

 

聖の青春

重い病を抱えながらも競争の激しい将棋会においてプロ棋士にまで上り詰め、王座にまで挑んだ村山聖を描いたノンフィクション。村山聖の影には、それまで人生のほぼすべてを将棋に注ぎ込んできたにも関わらず年齢制限でプロになれずに将棋会を去った鬼才たちの半生があります。その世界は壮絶で、無情で、目標に向けて直線的に生きることは美しいけれど、そのリスクを個人が負うという意味、ひいては起業するということについて考えさせられる内容です。
何より感動するはずです。ノンフィクションってこんなに面白いものだったのかと。



人間の性はなぜ奇妙に進化したのか

生物の命題は「いかに自分のDNAを残すか」というところに集約されます。多くの生物はメスと交尾を終えると、すぐに次のメスを探します。その方が子孫を多く残せるからです。でも人間は一部の社会を除いて、一夫一妻制、妻と夫はペアになって子どもを育てます。これはなぜなのか。
人間は一見複雑な心を持っているように見えるけれど、結局”いきもの”なので、生物学的なアプローチで行動の多くを説明することができます。
自分を知るため、他人を知るためにもおすすめの一冊。何より面白いです。



ゼロ秒思考

「これがなぜかうまくいかない」「今すべきことが分からない」そういうもやもやを人は常にいくつか抱えていると思います。それは仕事のことかもしれないし、交友関係や恋愛に関することかもしれない。しかしもやもやは停滞と同じです。何とかしないことには前に進みません。
「ゼロ秒思考」は紙とペンでそのもやもやと向き合うフレームワークを紹介しています。ものごとを考えるフレームワークはたくさんあるけれど、その多くは複雑で、適用が面倒だったりします。
ゼロ秒思考の方法論はとてもシンプルで汎用性が高く、かつ強力なもの。僕もパソコンを閉じて、よく紙とペンで整理を始めます。
パワフルな思考の補助線を与えてくれる、超おすすめの一冊です。



今後も良い本に出会ったり思い出したりしたら随時更新していきます!

起業家のバックグラウンドとして、プランナー、コンサル、エンジニアは良く耳にしますが、なぜかデザイナーはあまり聞かないような気がします。デザイナーが起業しようと思わないのか、起業家がデザインをスキルとして選ばないのかは分かりません。
かく言う僕はプランニングやディレクションの仕事をしつつも、デザインも結構がっつりやってきました。学生の頃からアルバイトでポスターやチラシのような紙もののデザインをしてきたし、社会人になってからはブランドサイトやアプリのようなPC・スマホ媒体のものも手がけています。

コンサルやエンジニアと比較してどちらが良いということは一概には言えませんが、デザイナーにはデザイナーの良さを時間しているので、「デザインができて良かった」と思うポイントをデザイナーの立場から書き留めたいと思います。

MIMIYAKO85_cafedeworks20140725500
 

デザインができると色々なプロジェクトに参画できる

イベントをするにしても、ウェブサービスを作るにしても、リアル店舗を運営するにしても、デザイン的なタスクは必ず発生します。IoTだろうがロボットだろうがデザインが欠かせません。
このためプロジェクトに一人はデザイナーが必要になります。デザインができると色々なプロジェクトに首を突っ込めるのです。
デザインは汎用性の高さが特徴で、iOSでもAndroidでもウェブでもデザインのレイヤーに言語の違いはありません。情報誌でも看板でもバナー広告でも同じ言語で取り組むことができます。
おかげで僕は様々なプロジェクトを経験できたし、そのプロジェクトを通して多様なメンバーとチームを組み経験を積むことができました。

少人数のスタートアップでもデザインを内製できる

多くの場合、スタートアップは何かしらのプロダクトを作ると思います。
特にウェブサービスやアプリを開発するような場合、「デザイン」と「開発」を比較すると、「開発」の方が圧倒的にタスク量が多くなります。感覚的には1:20とか1:50とかそれくらいの比率になります。
これで何が起きるかというと、エンジニア2人、デザイナー1人といったチームを組んだときに、デザイナーの稼働が埋まらないという事態が発生します。少人数体制の間はデザイナー1人雇うほどの仕事量はないのです。
けれどデザインを内製するかどうかでPDCAのスピード感がまったく違ってくるので、「デザインを内製化したい」と嘆くスタートアップは少なくありません。
そんなときに自分でデザインができると便利です。サービス改修時に追加パーツをさくっと作ったり、Facebookページのヘッダーや広告用のバナーなんかもぱぱっと作ることができます。タスクとしてはデザインの他にも営業周りやバックオフィス、オペレーションなどがあるので、仕事量はうまく調整することができます。

プレゼン資料を作り込める

スタートアップには何かとプレゼンする機会があります。ピッチイベントに立つとき、ベンチャーキャピタルさんと打ち合わせするとき、営業先にプロダクトを提案するとき。
プロダクトの状況も刻々と変わるので、資料は随時アップデートしていく必要があります。
そんなときデザインに慣れていると、スピーディに体裁を整えてプレゼン内容を魅力的に見せることができます。
僕はあまり口がうまい方ではないので、資料に代わりに説明してもらえるのには助かっています。

どうやってデザインを習得するか?

起業家がデザインというスキルを持つ魅力については分かっていただけたかと思います。
では「どうやってそれを習得したら良いのか」という話を最後に少しだけします。

イラレやフォトショ(注:画像編集ソフト)の操作方法についてはいくらでもハウツー本が出ているのでそれを読んだら良いと思います。そもそもアプリケーションが使えるかどうかということはデザインをする上で本質的な問題ではありません。
それよりもレイアウトのテクニックを知っているかどうかというところが重要です。マージン、配色、視線誘導といった理論的なことを何よりも先に学ぶ必要があります。このレイアウトのテクニックはデザインについて書かれた本を読んだら習得できます。僕は大学2年生の夏休み、来る日も来る日も図書館にこもってデザインの本を読み続け、デザイナーを名乗るようになりました。デザインの基礎理論が分かっていれば他のデザイナーが作ったポスターやウェブサイトの構造を読み解けるようになって、要素を抽出して真似できるようになります。真似を通して手法を血肉に変えていけます。

起業を検討なさっている方、まだ猶予があるのであれば今のうちにデザインを習得しておくのはいかがでしょうか!

↑このページのトップヘ