カテゴリ: 働き方

会社を立ち上げてからまもなく3年になろうとしています。
「3年」という数字には、いろいろと曰くがあります。
新卒入社した会社には3年はいた方が良いとか、3年以内に倒産する会社の割合は70%とか…。

自身を振り返っても、3年目を節目に感じることがよくあります。
高校生のとき小説を書き始めて3年目には文章がかなり洗練されてきて、ストーリーや構成といった評価の難しい要素を磨くフェーズに入り、自分の成長を実感するのが難しくなりました。
大学に入り学園祭やフリーマガジンを発行するサークルに打ち込みましたが、3年目にはこなれてきて、4年目はなくて良いなと感じました。院に進学しなかったのも、やりきった感が要因としてありました。
新卒で入ったマイナビでも、3年目には大体の業務を理解できた状態になっていて、かと言ってマネージャーになるまで何年も待つ気になれず転職しました。

ecfd0e6f2525eca5928b0361eaeb794f_m

そして今、起業して約3年の地点にいます。
1年目は新しい事業を描くところから、ユーザーインタビュー、プロダクト作り、フィードバックを受けてのピボット、アルバイトチームでのオペレーション化、総務経理と経験のなかったことばかりでとにかく学びながら手当たり次第に物事を進めていました。
2年目には前年にうまくできなかったことをもっとうまくやったり、マネタイズに向けた営業や他社とのアライアンスの取り組み、新しい施策のテストマーケなど、フロンティアは広がっていました。
ところが3年目になると、目新しいことが途端に減ります。新しい取り組みがあっても、これまでやってきたことの応用であまり苦心することなくできてしまう。
例に漏れず、自分の成長の停滞を感じるようなところがあります。

3年目には、1・2年目と比べるとどうしても成長曲線が鈍化します。器用な人はこのスパンがもっと短いかもしれません。
3年で転職したり、3年で踏ん張りが続かなくなって会社を倒産させたりするのは、この停滞感と無縁ではないと思います。
成長することはやはり楽しい。どんなに公器を目指していても人は人なので、楽しいことが楽しくなくなると身が入らなくなってしまうことは否めない。
プロのアスリートになってくると0.01%の差が勝敗を分けるので成長曲線が鈍化しても継続することに価値がありますが、多くのビジネスマンにこのことは当てはまらないでしょう。スポーツに比べて能力以外の変数が多すぎて、0.01%伸ばすことの費用対効果がそんなに高くないためです。

じゃあどうしたら良いんだということを考えると、この3年目の壁を認識して、フロンティアを意識的に見つけにいくことが大切なのではないかと思います。
転職するのが一番分かりやすいですが、そうでなくとも自分のポジションを変えたり、フォーカスするテーマを大きく変えたりする。やり方を変えると大きなストレスがかかるので、これは意識しないとなかなかできない。
同じことを繰り返していても会社自体も停滞してしまうので、この取り組みは理にかなっているような気がします。安定に対して意図的に緊張感を持ち込むということは、会社に限らずあらゆる組織に苦い良薬となるでしょう。

今回言いたかったのは、停滞の構図を理解して、手を打つべきだということです。
自分の停滞のサイクルを理解していたら、そもそも3年目の停滞期を無為に過ごす必要がなく、それこそ2年で転職したり、3年目には新しいポジションを目指したりして成長曲線を右肩上がりに保ち続けることができます。
成長すること自体を目的化しても仕方ないけれど、成長することは楽しいし、できることは確実に増えます。

僕も今は人脈や癒着といった、自分が苦手としていて避けて通ってきたテーマに取り組もうとしています。
成功者たちには参謀やパトロン的な存在がつきもので、そこには合理性を感じており。このテーマについてはまたの機会に。
特に先輩のアントレプレナーさんとお話をしたいと思っています。「時間取っても良いよー」という方、Facebook等でお気軽にご連絡くださいませ!

ノマドワークを始めてもう2年半になります。
しかし僕はどうも一日中自宅で仕事をするということができません。
午前中だけとかであれば問題ないのですが、終日となると猛烈に疲弊します。
身体を動かさないこと、陽の光を浴びないこと辺りが関係しているのではないかと思います。

家でもない、オフィスでもないとなると、どこで仕事をしたら良いのでしょうか。
結論から言ってしまうと、ファミレス、中でもガストをリコメンドします。
今回はガストの素晴らしさを記事にまとめました!

PAK85_kiirioicup20140329_TP_V

1.ドリンクバーがある

これが何より。
カフェだとコーヒー1杯、ラージサイズを頼んでも、ちょっと長居をすると喉が乾いてきます。
体質として吸収が悪いのか、僕は普段からやたら水分を取るので、余計です。
ドリンクバーがあると喉の渇きは気にせずに仕事に集中できます。
僕は砂糖の入っていない炭酸水を主に飲んでいます。

2.電源がある

これははずせないでしょう。
ジョナサンにもありますが、数が少なく埋まっていることが多いです。
ガストには結構な量の電源があります。(あくまで個人調べ)

INABA73_dengencable_TP_V

3.席が広くてゆったりしている

「サードプレイス」を標榜しているカフェがありますが、座り心地の悪い椅子で回転率を上げようという魂胆があるような気がして、いけ好かないところがあります。(あくまでも個人の意見です。)
ファミレスの席はゆったりしていて、テーブルも広く、非常に快適です。

4.コストパフォーマンスが良い

クーポンを使うと、スイーツ+ドリンクバーでも400-500円くらいに収まったりします。
カフェだとコーヒー1杯でこれくらいの値段だったりするので、コスパで考えると比較になりません。

YUUKI150321140I9A4377_TP_V

5.ほどよい雑音と人の視線

自宅と違って「他の人がいる」というだけでほどよい緊張感があり、背筋が伸びます。
人によるとは思いますが、僕は集中力を保ちやすいです。

6.糖質制限しやすい

糖質制限にチャレンジしている、またはチャレンジしたことのある方なら分かると思いますが、昼食・夕飯難民になりやすいです。
通常の飲食店では炭水化物を避けて通るのは困難です。
コンビニやスーパーで肉やブロッコリーを買うのも良いですが、ファミレスならライスなしでステーキを注文できます。からあげとサラダなど、サイドメニューを組み合わせるのも良い感じです。

bsFCFOU_stake

僕はノマドワークを始めてからはもちろん、その前に中小企業診断士の勉強をしたりしているときなんかもファミレスを重宝していました。僕にとってのサードプレイスになっています。
念のための注意ですが、都心の混み合うファミレスに長居するのは自粛しましょう。繁忙時もちょっと空席があるくらいの店舗を見つけられるとお店とwin-winの関係を築きやすいと思います。


さて、ニューロープでは月水金はオフィス、火木はノマドというワークスタイルを取っています。
毎日出社して移動に体力と時間を費やすのはもったいないけれど、コミュニケーションも大切。そんなバランス感覚でやっています。
効率性や個人の時間を大切にする社風に惹かれるエンジニアの方は、ぜひニューロープにご応募ください!

1

有限の時間を活かして最大限の仕事をして最大限成長するために、仕事の効率化はロマンと言っても差し支えない命題です。
酒井が今まで試行錯誤してきて「これは間違いない!」というアイテムをご紹介します。
自己投資と考えたらどれも安いものばかりです。

アミノバイタル

多くのビジネスマンはジョギングや筋トレなど、パフォーマンスを保つために日常的な運動をしているのではないかと思います。
そうでなくても営業で重たいパソコンを持って歩き回ると(アポが過密なときは走り回りますよね…)、意外と体力を消耗するものです。
「疲れたな」と思ったときに飲んでおきたいのがアミノバイタル。飲んでおくと翌日の疲労回復が段違いに変わってきます。
 


モバイルバッテリー

Macbook proの寿命を+3時間伸ばすことのできるバッテリー。少し重たいですが、外出の多い方にはすごくオススメ。電源のあるカフェを探し回ると結構時間をロスしますよね。
 


iPad mini

タブレットを持っていない人が意外と身の回りにたくさんいます。そこそこ値が張る割にはスマホとの差がさほど感じられないからかもしれません。
改めてiPad miniの使えるポイントをまとめておきます。
・プレゼンに使える:いちいち資料を印刷して何部も持ち歩かなくても、iPadがあればさっと見せることができます。資料は後から電子メールで共有したほうが、お客さんも管理しやすいので助かります。
・ディスプレーになる:"Air Display”というアプリケーションを使うと、iPadをサブディスプレーとして使えるようになります。出先のカフェでもデュアルディスプレーで作業できるのですごく便利です。
・読書に使える:よく本を読む人は一日に3-4冊持ち歩いていると思います。iPadなら1つ持ち歩けば十分だし、電車で片手でページがめくれるし、蔵書の管理も楽にできます。
・メモに使える:ちょっとしたメモを取るときは、iPad×Evernoteが快適です。(iPhoneだとちょっと厳しい)
 


革張りバインダー

革表紙の高級感溢れるバインダー。(なのに価格は¥1,300とリーズナブル!)
テーブルが狭くても膝の上でメモが取れるし、取引先にいただいた資料をさっとしまえるのでスマートです。半分実用で半分は見栄ですが、見栄も結構大事ですよね。
 


ダンベル

家でそこそこハードな筋トレができる一つ10kgのダンベル。例えばガイアの夜明けやWBSを見ながらでも筋トレができます。人は基本的に分散処理ができない生き物ですが、身体的な運動と頭の運動だけは難なく同時並行できます。
インプットしたい。でも健康にも気をつけたいという人にうってつけ。
※我流だと筋を痛めます。Tarzanなどで正しいダンベルの使い方は学んでおきましょう。
 


ウエストポーチ

ジョギング時にiPhoneを持ち歩くことのできるウエストポーチ。僕は以前肩につけるタイプのものを利用していましたが、どうしても付けている方の肩に負荷がかかってしまうので、ウエストポーチが断然おすすめです。
ジョギングしながらiPhoneで英語なりオーディオブックなりを聴くことができます。
オーディオブックはFeBe(http://www.febe.jp/)がおすすめ。



今後も試行錯誤を続けていくので、「これは」というものがあればアップデートしていきます!

PAK88_tewotunagiarukuyokohama20140301

最近「若者が結婚を敬遠している」という切り口のエントリーが増えています。結論としては「家庭を持ち、子どもを育てることが金銭的に不安」というものが大半。
結婚することは本当に金銭的なリスクにつながるものなのでしょうか。

僕は2013年末に入籍しました。色々と経緯はあるのですが、結果的には起業とほぼときを同じくして家庭を築くことになりました。
当初は僕自身も言い知れない不安を抱えていました。
「事業が失敗して妻を巻き込んだらどうしよう」
「家庭があって本当に仕事に打ち込むことはできるのだろうか」
実際に生活を始めてみてそれが杞憂であるとすぐに気づきます。

結婚しても生活コストはそんなに上がらない

まず、結婚したからと言って生活コストが上がるわけではありません。これは当たり前の話です。家賃も食費も光熱費も、共働きであれば折半することになるのでむしろ負担は軽減されます。家具家電もそんなに買う必要のあるものはないし、イケアやオークションを使えば、許容範囲の中でものを買うことができます。
子どもができてからも、試算してみると状況は変わりません。子どもの生活費は高が知れているし、当面は義務教育だし高校も公立に入ってもらえば教育費はかかりません。見えている出費としては保育や塾くらいで、後者は独学でも何とかなります。(僕は塾をほとんど利用しませんでした。)
何にせよ一時的な出費は均せば大したものにはならないしある程度コントロール可能なので、家賃や食費のような固定費がどうなるのかを考えましょう。
仮に事業に失敗しても、またサラリーマンに戻ればほとんど支障がないことが分かります。

結婚しても仕事のパフォーマンスは下がらない

次に「仕事に打ち込めるか」という論点。起業家に限らずビジネスマンはキャリア的な観点から結婚する・しないで悩む人も多いのではないかと思います。
半年くらいの短期決戦であれば独身の方が有利です。結婚すると毎日会社に泊まり込んで仕事に明け暮れるということができません。(できないと言うか推奨されないと言うか)
ただ、個人的な経験から「仕事以外何も顧みない」という状況は、続けられて半年くらいだと考えています。身体がついていかなくなってあらゆるパフォーマンスが落ちてくるからです。反面でパートナーと規則正しい生活リズムを作り、健康的な食生活を続けていると、長期的にパフォーマンスを維持して事業に取り組むことができます。(精神的な支えもありがたいです!)
家で仕事をすることもできるので長時間労働と家族との時間を両立することは可能だし、バリキャリ系の世界にどっぷりつかっていると価値観がマジョリティからかけ離れていってしまうのでちょっと街に出かけるようなことも、起業家として大事だと思っています。(「努力せよ!」「自己否定せよ!」「人脈開拓せよ!」みたいな人が作ったサービスにマジョリティがついていくとは個人的に思えません)

考えるなら「唯ぼんやりとした不安」を数値化してから考える

実際に周りの起業家には結婚している方が少なくありません。話を聞くと皆さん"倒産した際にどうするか"ということもしっかりと考慮した上で、「リスクを許容できる」という判断をしています。
芥川龍之介ばりに「唯ぼんやりとした不安」を抱えているだけでは結婚にネガティブになります。実生活を想定し、大まかにでも生活コストを試算したら案外お金がかからないことはすぐに分かります。
「唯ぼんやりとした不安」をまずは数値化する。それが許容できるかどうか判断すれば、多くの人が結婚に対するネガティブな印象を払拭できるのではないかと思います。
ビジネスでは当たり前のようになされていることなのに、私生活になるとこれが急にできなくなる少なくありません。

結婚が敬遠される理由は他にもあると思いますが、ネガティブなイメージは調味料のように撹拌して他の要素にもまんべんなく影響を与えるものだと思うので、そこに焦点を当てて考えてみました。

起業家のバックグラウンドとして、プランナー、コンサル、エンジニアは良く耳にしますが、なぜかデザイナーはあまり聞かないような気がします。デザイナーが起業しようと思わないのか、起業家がデザインをスキルとして選ばないのかは分かりません。
かく言う僕はプランニングやディレクションの仕事をしつつも、デザインも結構がっつりやってきました。学生の頃からアルバイトでポスターやチラシのような紙もののデザインをしてきたし、社会人になってからはブランドサイトやアプリのようなPC・スマホ媒体のものも手がけています。

コンサルやエンジニアと比較してどちらが良いということは一概には言えませんが、デザイナーにはデザイナーの良さを時間しているので、「デザインができて良かった」と思うポイントをデザイナーの立場から書き留めたいと思います。

MIMIYAKO85_cafedeworks20140725500
 

デザインができると色々なプロジェクトに参画できる

イベントをするにしても、ウェブサービスを作るにしても、リアル店舗を運営するにしても、デザイン的なタスクは必ず発生します。IoTだろうがロボットだろうがデザインが欠かせません。
このためプロジェクトに一人はデザイナーが必要になります。デザインができると色々なプロジェクトに首を突っ込めるのです。
デザインは汎用性の高さが特徴で、iOSでもAndroidでもウェブでもデザインのレイヤーに言語の違いはありません。情報誌でも看板でもバナー広告でも同じ言語で取り組むことができます。
おかげで僕は様々なプロジェクトを経験できたし、そのプロジェクトを通して多様なメンバーとチームを組み経験を積むことができました。

少人数のスタートアップでもデザインを内製できる

多くの場合、スタートアップは何かしらのプロダクトを作ると思います。
特にウェブサービスやアプリを開発するような場合、「デザイン」と「開発」を比較すると、「開発」の方が圧倒的にタスク量が多くなります。感覚的には1:20とか1:50とかそれくらいの比率になります。
これで何が起きるかというと、エンジニア2人、デザイナー1人といったチームを組んだときに、デザイナーの稼働が埋まらないという事態が発生します。少人数体制の間はデザイナー1人雇うほどの仕事量はないのです。
けれどデザインを内製するかどうかでPDCAのスピード感がまったく違ってくるので、「デザインを内製化したい」と嘆くスタートアップは少なくありません。
そんなときに自分でデザインができると便利です。サービス改修時に追加パーツをさくっと作ったり、Facebookページのヘッダーや広告用のバナーなんかもぱぱっと作ることができます。タスクとしてはデザインの他にも営業周りやバックオフィス、オペレーションなどがあるので、仕事量はうまく調整することができます。

プレゼン資料を作り込める

スタートアップには何かとプレゼンする機会があります。ピッチイベントに立つとき、ベンチャーキャピタルさんと打ち合わせするとき、営業先にプロダクトを提案するとき。
プロダクトの状況も刻々と変わるので、資料は随時アップデートしていく必要があります。
そんなときデザインに慣れていると、スピーディに体裁を整えてプレゼン内容を魅力的に見せることができます。
僕はあまり口がうまい方ではないので、資料に代わりに説明してもらえるのには助かっています。

どうやってデザインを習得するか?

起業家がデザインというスキルを持つ魅力については分かっていただけたかと思います。
では「どうやってそれを習得したら良いのか」という話を最後に少しだけします。

イラレやフォトショ(注:画像編集ソフト)の操作方法についてはいくらでもハウツー本が出ているのでそれを読んだら良いと思います。そもそもアプリケーションが使えるかどうかということはデザインをする上で本質的な問題ではありません。
それよりもレイアウトのテクニックを知っているかどうかというところが重要です。マージン、配色、視線誘導といった理論的なことを何よりも先に学ぶ必要があります。このレイアウトのテクニックはデザインについて書かれた本を読んだら習得できます。僕は大学2年生の夏休み、来る日も来る日も図書館にこもってデザインの本を読み続け、デザイナーを名乗るようになりました。デザインの基礎理論が分かっていれば他のデザイナーが作ったポスターやウェブサイトの構造を読み解けるようになって、要素を抽出して真似できるようになります。真似を通して手法を血肉に変えていけます。

起業を検討なさっている方、まだ猶予があるのであれば今のうちにデザインを習得しておくのはいかがでしょうか!

↑このページのトップヘ