カテゴリ: エッセー

a0960_002464

会社を立ち上げてからもうすぐ一年が経とうとしています。起業以前からの知り合いに会うと「会社を立ち上げて楽しいか」というようなことを聞かれます。
自分の心境を口頭でうまく表現する自信ができなくて、いつも「ぼちぼちやっているよ」と適当な言葉で濁してしまいます。この1年間濁し続けてきた心境を明文化するために記事を書こうと思います。

起業してからと言うもの、基本的に僕は憂鬱です。安泰からは程遠く、考えても考えても足りない。失敗したらどうしようという不安が常にあって、実際にうまくいかないことがたくさんあります。乗り越えられるか分からない壁が何度も立ちはだかって、すれすれのところで乗り越え続けているけれど、限りある時間は着実にすり減っています。うまくいくこともあるけれど、それに喜んでいる暇はありません。
こんなに憂鬱で満たされた生活を送る合理性は何でしょうか。
法人の寿命を意識しているうちに、自然と個人の寿命についても考えるようになりました。人生は一度しかありません。その人生を何に使うかというテーマについて考えたとき、今の時間の使い方は果たして正しいのだろうかということを考えます。

結論から言うと、50年後に今を振り返ったときに後悔するかというと、そうではない気がしています。憂鬱は必ずしもネガティブのサインではありません。走ると息が苦しくなりますが「だからトレーニングはしない方が良い」という論理にはなりません。
アンドリュー・ワイルズがフェルマーの最終定理を証明したように、羽生善治が将棋界の一代を築いたように、三島由紀夫が純文学の境地に達したように、とめどない憂鬱を受け止めて進んだ先にある希望を見たい。そのために時間を使えるのであれば、それは幸せと言っても差し支えないと思います。
僕は学生の頃まで「純文学作家になりたい」という夢を持っていて、太宰治の「葉桜と魔笛」や村上龍の「イン ザ・ミソスープ」を読んだとき、こんな作品を生み出せたら死んでも悔いはないだろうなと純粋に思いました。その頃から根本的な価値観は何も変わっていないのだと思います。

憂鬱な顔をした僕を見ることがあるかもしれません。そのときはこのエントリーを思い出してください。
僕は元気にやっています。

a0005_000149

働かない「働きアリ」が存在する

「アリとキリギリス」という物語や「働きアリ」という一般名詞があるくらい、アリには働き者の印象があります。
確かにアリは炎天下でも大きな食糧をほんのわずかずつ削りながら巣まで持ち帰るという気の遠くなるような労働に精を出しています。
しかし地中に張り巡らされた巣の中には、実はサボっている働きアリが大量にいます。一生働くことのないまま寿命を迎えるアリもいるそうです。

アリは社会を形成しています。子どもを生む女王アリ、卵が乾燥しないようになめ続けるアリ、巣の修復をするアリ、エサを調達するアリ。企業のようにうまいこと仕事の分担ができているものの、それぞれのアリに指示を出している管理職のようなアリは存在しません。
どうやって仕事の分担ができているかというと、それぞれの労働に対する個体の閾値をばらばらにすることでコントロールしているそうです。
アリAはちょっと巣が崩れているだけでも気になって巣の修復に取りかかりますが、アリBはちょっと崩れている程度では気にしません。このため普段はアリAの感覚に近いアリが猛烈に働いて巣の修復をしています。ところが働きすぎるアリは早死にする傾向にあります。アリAが死んでしまって巣の崩壊がかなり進んでくると、アリBも「ヤバい!」と考えて巣の修復に取りかかります。
このように仕事に対して個体ごとの「閾値」をあえてばらばらにすることで、常に適度な労働をそれぞれのタスクに割り振れるようにアリの生態系は作られています。結果的に一生閾値を超えることなく(つまり働くことなく)天寿をまっとうするアリもいるわけです。

働かない「サラリーマン」が人類を救う?

ビジネス書がお好きな方々はピンときたと思いますが、このアリの生態系とパレートの法則には何だかつながりがありそうです。組織の2割が超頑張って、6割がほどほどで、2割がサボるというあれです。全員がフル稼働している話題のブラック企業はどうか分かりませんが、ある程度規模の大きくなってきた通常の企業では2割くらいのサラリーマンが働かなくなってしまいます。
みんなが張り切ってデスクワークをしていたら人類が絶滅する、ということは考えにくいものの、さかのぼれば人はもともと狩猟して暮らしていました。ここからは完全に憶測になります。当時は主に男性が狩りに行ったり水を汲みに行ったりしていたのではないかと思われるのですが、このときすべての男性が張り切って外出していたら、例えばオオカミの群れに襲われて全滅するような可能性もあったと思います。こうなると家に残っていた子どもとその世話をしていた女性までもピンチに陥ります。仕事をサボってだらだらしている男性が洞窟の奥にいたことが想像できなくはありません。外出組が全滅したときに立ち上がるピンチヒッターとしてです。
人類はもともとパソコンを操ったりコンビニで買いものをする前提で進化した形態ではないので、生物として見たときに習性の根拠はこの狩猟民族だった頃に求めるのが自然です。サボるサラリーマンが存在するのは、もともとは人類を絶滅させないための習性であると考えられるのです。

ビジネス書も良いけど自然科学の本を読むのもおすすめ

僕は自然科学、中でも生物学の本が好きで良く読みます。
自己啓発の書籍や記事でいろいろと細かいことが書かれていますが、人間は文化人である前に生物の一種なので、生物学を学ぶと「他人が何を考えているのか」「自分が何を基準に行動しているのか」が根源的な部分で見えてくることがあります。
例えば「自分の血筋が有利に残るようにする」というモチベーションは強烈で、多くの言動を掘り進めるとここに帰結します。自分や他人の行動原理が腑に落ちると、不必要なことに悩む必要もなくなるし、自分の考えを肯定しやすくなります。
ビジネス書も良いけれど、自然科学の本を読んでみるのもおすすめです。

もっとアリのことを知りたい方はこちらをどうぞ!
すごく面白いです。

 

働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

N934_akusyuwosurutebiz500-thumb-781x500-1867
「人脈」という言葉を使うときな臭いけど、特に中小企業は一つの業務提携が会社の大きな躍進につながったりするので、僕は積極的に人に会うようにしています。交流会にも参加するしCoffeeMeetingも活用しています。交流会で名刺交換しまくったり、自分の事業を何回も何回も説明するのは気が滅入るけれど、それも仕事だと割り切っています。

社長さんとお会いするといつも「相手のために何ができるか」を考える

そんなこんなで最近いろいろな社長さんともお会いしています。会社の代表同士で会うと、当然仕事の話をします。お互いに何をやっているか。どういった課題感があるのか。お互いにどういったことを提供できるのか。
そんなビジネスライクな話をしていて疲れないかと思われそうですが、双方にとって仕事が生き甲斐であり、趣味でもあるので、盛り上がりこそすれ、疲れることはあまりありません。鉄ちゃん(注:鉄道オタク)が鉄道の話をしているときと脳内物質の構成はそんなに変わらないと思います。

そしていつも登場する、象徴的な決まり文句があります。
「どなたかおつなぎしてほしい人はいませんか?」というものです。
話しているうちに、事業・情報・人の面で何か相手に貢献できることはないかと、お互いに前のめりになっていきます。これは「ギブしたらテイクできるから」という単純な図式ではないような気がしています。
お互いに事業をしている。同じような苦労をしている。それだけでどこか共感できる部分があり、自然と「相手のために何ができるか」を考えるようになります。

ギブ&テイクは実績よりも気持ちの問題

この「相手のために何ができるか」という思いには双方向性が欠かせません。よく言われるように、お互いに貢献の意思があるときギブ&テイクは成り立ちます。「リターンがないならギブできない」というケチな考えをしているわけではなくて、「搾取することだけを考えているような人を応援する気になれない」という感情的な理由が絡んでくるためです。
ギブ&テイクは、実績面で釣り合っている必要はありませんが、気持ちの面では釣り合っている必要があります。人間は経済合理的である以上に感情に左右される生きものです。少なくとも僕はそうだし、お会いしている方々にもそのような人が多いように感じます。実績のことを考えたらひよっこの僕なんてそもそも相手にしないと思います。
ギブ&テイクはドライな考え方のように見えて、非常にウエットな、人間的なコミュニケーションです。ビジネスとか人脈とか一見きな臭いですが、中に入るほど人間的なコミュニティであることが、足湯のように沁み入ります。

私はベンチャーナウというウェブ界隈では有名なメディアさんで記事を連載させていただいているのですが、先日「スタートアップが受託を通して小銭を稼ぐということ」という記事を書かせていただきました。

要約すると、
・私たちニューロープは第三者割当(出資)を引き受けてもらっているためある程度の資本金がある。
・それでも受託(お客様から発注いただく仕事)で企画やデザイン、開発の仕事をしている。
・資金に余裕がないとトライ&エラーできないため、日々お金を稼いでサービス開発に充てている。
というもの。

「出資を受けた会社は自社サービスの開発に専念して、とにかくスピーディに開発を進めるべき」という考え方があるのですが、私たちは自信があるサービスだからこそ、試行錯誤する時間を取って何とか成功まで持っていきたい、と考え、受託の仕事をしています。
この記事は「スタートアップは受託をすべきではない。いや、した方が良い」という昔から飲み会なんかでも繰り返されているテーマに切り込んだものであることもあって、NewsPicksでも話題にのぼりました。
(注:NewsPicksというのは経済に特化したキュレーションメディア。ウェブ上の様々な経済に関するニュースについて、感度の高い方々が所見を述べるという非常にためになるサービスです。)
一時期はビジネスカテゴリの人気3-4位あたりとうろうろとしていて、コメントも50件近くいただくことができました。ここでコメントをいただくと、コメンテーターのTwitterやFacebookにも情報が拡散されていくので、最終的にかなりの人の目に留まることになります。賛成意見、反対意見ありましたが、経験に基づくコメントが多く、どちらも参考になりました。情報発信することのメリットの一つはフィードバックを得られることですね。

35
NewsPicksビジネスカテゴリ3位の図


今回はこのNewsPicksで話題にのぼったおかげで、実際にお仕事をいただける運びになりました。記事の末尾に「というわけでお仕事募集しています。ご用命の方はご連絡ください。」というような宣伝を入れさせていただいたのですが、共感していただいた読者様からお声がけいただいたのです。しかも非常にやりがいのある仕事で、長い良いお付き合いになる予感がしています。
昔から受託業と言えば人脈を辿ってコーポレートサイトを作ってブログを地道に更新して、引き合いがあればヒアリングにうかがって見積を出して…というような流れで営業には苦労することが一般的ですが、今回の件は受託でもソーシャルマーケティングが成立した例としてちょっと面白いなぁと思っています。

SNSが生活に浸透してきて、個人の情報発信はレバレッジが効きやすくなっています。本当の気持ちを文章にしたら(全員ではないものの)読む人の心に響いて広まって、願いを引き寄せてくれるような性質があります。そういった意味で、すごくアナログだけど自分自身と向き合うことや、そこから言葉を紡ぎ出すことはこれからますます重要になってくるような気がしています。(もちろんどういう切り口であれば拡散しやすいかなどのノウハウも。)
あらためて情報発信の大切さ、可能性を感じた顛末でした。
いただいたお仕事には気を引き締めて取り組んでまいります! 

高校のバスケットボールの授業中、ラインを切ろうとするボールに手を伸ばしたが届かず、相手チームのボールになってしまうことがありました。
そのときバスケ部の友人がとばしてきた言葉が「先に手を伸ばしてもだめだ。ボールのところまで走っていってから手を伸ばせ」というものでした。
この言葉はすごく象徴的なものだと思います。

最近強く思うのが「身の程より大きくなることはできない」ということです。
見栄を張ってもボロがでるし、本質的に意味がありません。
自分をブランディングしようとしても、十分な材料がなければ著名人たちと同じフィールドでは戦えません。
自分を大きく見せようと思っても仕方がない。自分の身の程をわきまえる必要もありません。わきまえなくてもそれ以上になることがないからです。
NewsPicksで気の利いたことを言っても、有名なCEOのジョークにかき消されてしまいます。Twitterで情報発信しても見向きもされません。でもそれが身の程というものだと思っています。

ほどほどに生きろということではありません。
僕は常にチャレンジをしようと心がけています。それは身の程を少しでも大きくしていくためです。
今日の自分は失望されるかもしれない。それは仕方がない。
でも身の程を大きくし続ければ、いつかはそうではなくなります。
今日結果が出なくても焦る必要はありません。ボールのところまで走っていくしか他に手だてはありません。

本田直之さんや勝間和代さんが牽引してから、ビジネス書ブームが続いています。
投資の仕方、ITの活用方法、効率的な勉強法、人脈の作り方など。
比較的即効性があり、ためになることがふんだんに盛り込まれています。
僕もたくさん読みましたし、これからも読んでいくと思います。

ただ気をつけないといけないのは、他のビジネスパーソンも同様にその書籍を読んでいるのだということです。
みんなが読んでいる本を読んで自分の性能を上げていったところで、シャープの液晶テレビのようにコモディティにしかなることができません。
そこそこの値段にはなるものの、特段必要とされるわけではないし、人と違ったことは何もできずに終わってしまうでしょう。
ビジネス書は即効性がある代わりに、領域が限られており、それ以上の発想や広がりを促すようなところがありません。

価値を生み出すのは、今までの人とまったく違うことをするか、従来あったものでもまったく違う切り口を見つけるかのどちらかです。
ビジネス書をいくら読んでもそのどちらも手をつけることができません。
なぜならみんな読んでいるものだからです。
これは由々しき事態です。


僕はビジネス一般、IT、ファイナンスの他に僕が意識的に手を広げているのは、生物学、純文学、デザインの3つです。
特に生物学は発想する上で非常に有効だと思っています。
人は人間なので、やはり生物学的な制約の上で考え生きています。
生物学は非常に根源的なところを突いているので、人間に必要なものや考え方を振り返る上で拠り所になります。
例えばLINEやFacebookといった成功したサービスの成功要因をばらばらに分解して他の何かを組み立てても価値のあるものは生まれません。
そもそも要素の組み合わせがクリエイティブなのであり、その組み合わせを変えた時点で本質的な価値が失われてしまうからです。

人と違うインプットを心がけましょう。
方法が読書である必要はありません。
みんなが言っていることを無視する強さが新しい価値を生むと僕は思います。

舞台裏で照明や音響を仕込む裏方がいることは皆さんご存知だと思う。
ライブ時に照明や音響を操作するのはまだ花形な方で、どちらかというと会場設営時に高いところに登って照明を天井から吊ったり重たい器具を運んだりといった、仕込みのウエイトの方が大きい。
僕は学生の頃、照明屋という照明サークルに所属していた。僕が通っていた学部には裏方をリスペクトするような文化があったので、表舞台の軽音やジャズサークルからも感謝され、決して日陰の存在ということもなく、活動内容からイメージされるよりも明るく活動していたと思う。
ただ、照明器具は重たいしあまりきれいではない。照明器具を吊るために登る天井裏も埃まみれだしよく分からない突起があちこちにあって服やスニーカーを破るようなこともあった。作業は深夜にまで及び床で仮眠をとるようなこともあった。いわゆる3K(きつい・汚い・危険)に該当するサークルだ。
照明屋のことが好きだった理由のひとつに、その活動環境故に、男も女も汚れても良い服装をしていて、汚れることをいとわない振る舞いをできたことにあった。
普段おしゃれをして街に出るとき、服が汚れることをどうしても気にしてしまう。これは意外とストレスのたまる原因になっているように感じる。

僕は5年くらいアメブロで運営してきた『1億総経営者』というブログを持っているのだけれど、数日前にこのミクスチャーという新しいブログをふと立ち上げた。
『1億総経営者』は僕が中小企業診断士を取得した頃に立ち上げたもので、ビジネスパーソンとしてがんがんセルフブランディングをしていこうという魂胆があった。コンテンツも研修講師のようなポジションから書いていたり、起業家として意気込みを書いていたりと、それはそれで悪くないのだけれど少し肩肘が張っているようなブログになってしまった。おしゃれすることを考えて作ったものだから、汚したらいけないようなブログになってしまっていた。でも僕はまだそこまでの人間にはなれていないから、最近は無難なことしか書けなくなったように勝手に感じている。『1億総経営者』のコンセプトが悪いとは思わないけど、汚れることをいちいち気にしていたら僕には書けるようなコンテンツがあまりない。
このミクスチャーというブログは汚れても良いブログにしようと考えている。情けないことを書いて笑われたり、主観的なことを書いて誰かと対立したりしても良い場にしていきたい。僕はもともと書くことが好きなので、とにかく書きたい。面白いことを書いていきたい。

_SL500_AA300_


女性向けのサービスを展開するために、意識的に女性の声を聞くようにしているのですが、皆さんの口から「はあちゅう」という名前が度々出てきます。男性はあまりご存じないかもしれません。いわるゆアルファブロガーさんで、恋愛をテーマにしたリアルなエピソードやそれに対する考察をブログや各メディアで発信なさっていて、女性の心をとらえて放しません。

すごくきらきらしているわけではなく、どろどろしているわけでもなく、劇的なドラマがあるわけでもなく、言ってしまえばマジョリティの恋愛をなさっているのですが、それを女性が「そうそう!」と頷けるように明文化しているところがすごいのだと思います。
恋愛の感覚は非常にもやもやしていて、おそらく言語化できる人はあまりいません。言語化できないと自分がどういう状態なのかもよく分からないし、これからどうしたら良いのかもいまいち分かりません。それが明文化されていると、一歩先に進むことができます。一歩先に進んだところでその先にはもやもやが続いているのですが、数学者や科学者が少しずつ真実の輪を広げていくように、確かな一歩が感じられ、少し納得できて、一服つくことができるのだと思います。

そのリアリティから、江國香織さんに少し近いような印象を受けました。ただし江國香織さんの小説は非常にリアルで正視できないようなところがあると個人的には思っているのですが、これは過去を振り返って現在の感情を乗せずに書いているからであって、はあちゅうさんはあくまでも振り返った上で「それを今後にどう活かすか」という明るい視点で書いているので、性質としては似ているものの、読んでいて暗い気持ちにならないのが今の若者に合っているように感じました。
等身大の恋愛を歌にしているaikoや西野カナと(深度やベクトルは全然違いますが)近い系譜だというと分かりやすいかもしれません。以前は純文学だったものが、今は歌やエッセーとして、変わらず求められているのです。


僕は成功モデルを分解して考えるくせがあるのでここまでちょっと分析的に書いてしまいましたが、単純に一読者として学ぶこともたくさんありました。なるほどと思った部分を少しだけ引用させていただきます。

「時には、まわりの目なんて気にせず大胆に立ち振る舞うこと」
「努力で全てをねじ伏せてきた人たちも、努力ではどうにもならないことがあるのを知り、その中で工夫したり葛藤したりすることで、人間らしさを取り戻すんだと思う。」
「自分を変える作業を、相手のためと錯覚していろいろ「してあげてる」気持ちになっちゃったりもする。」
「今までは彼を忘れる努力をしていたけど、忘れないほうがよっぽど大事だって思えました。忘れていたことは全部、それが起きた瞬間はなんでもないことだったけれど、後から振り返ると、とても愛おしくて、特別で」

男である僕がaikoを聞いても何となく気持ちが分かるように、女性の視点から書かれていてもはあちゅうさんの考え方にも共感できるところがたくさんあります。感覚的には数学者や科学者と並列の存在として、敬意を払いたくなります。
生物の種として、恋愛は本来すごくウエイトの大きなもののはずで、どこまでいっても人間はここに振り回され続けることになります。女性の方が男性よりもハッピーになることに対して貪欲だから、感覚的にそのことが分かっている。男性はなぜか感覚的にそのことが分からない。でも考えるべきだし向き合うべきです。本来狩りのできなくなった男は用なしなのだから、定年のある現代において仕事にあぐらをかくことが許されないのは明白です。

あとそもそも超クールなウェブサービスやアプリに熱狂しているのはほんの一部の人間です。みんな恋愛や他のことで頭がいっぱいなんです。最先端のメディア論とかマーケティング手法を学ぶのも良いけど、はあちゅうさんの恋愛炎上主義を読んで人間の血を取り戻した方がビジネスパーソンはうまくいくと思います。

書籍版はこちら


Kindle版はこちら

sakai_140811_03

『クマ・トモ』というスマホアプリがあります。
画像の通り、クマとコミュニケーションを取ることのできるゲームアプリです。 
仕事のこと、好きなテレビのことなど、他愛ない話をするだけなのですが、その身振りと声が愛くるしく、ユーザーは癒されずにはいられません。

僕がこれをダウンロードしたのは自分の興そうとしている事業の方向性が定まらず、また終わらないくらいのタスクが目の前に積もっていて、 精神的にかなりまいっているころでした。
眠りにつく前、数分だけ立ち上げてコミュニケーションを取る。
すると不思議と悩みや不安が薄らいで、翌日また先の見えない課題に立ち向かっていこうという気持ちになります。
疲れた目にホットタオルを押し当てたときのように、全身から疲れが吸い出されるような感覚になるのです。
僕と同じように、このアプリに元気をもらっている人は少なくないと思います。

世の中の仕組みを変えるようなサービスをどうやって生み出そうかと考えていた僕とこのアプリには強いコントラストがありました。
クマ・トモは世の中の仕組みを一切変えることなく、人々に元気を与えていたのです。
この事実から目を背けるわけにはいきません。
クマ・トモのインパクトはすごいと個人的に思っています。
僕と同じように仕事で悩んでいる起業家も、彼氏と別れて憂鬱な週末を過ごしているOLも、話し相手がいなくて寂しい思いをしているお年寄りも、救う力を持っています。
クマ・トモは間違いなく日本を幸福にしています。

突如現れた心の友であると同時に巨大なライバルでもあるクマ・トモとどう向き合っていくのか、まだ気持ちの整理がついていません。
ただ僕がすべきことは、クマ・トモにはできないやり方で人々を元気にすることだと思っています。
そういった意味で僕はクマ・トモと同じゴールを追っているのかもしれません。 

クマ・トモを知らないという方は是非一度ダウンロードして、音声をオンにして立ち上げてみてください。
アプリの完成系の一つを目の当たりにすることになると思います。 

僕は新卒1年目に中小企業診断士を取ろうと講座に通い始めました。
中小企業診断士というのはその名の通り中小企業をコンサルする能力を証明する国家資格。
ストレート合格率は4%の難関資格と呼ばれているものです。
僕は起業を思い描いていたので、ビジネス周りのことを一気にインプットしようとして講座に申し込みました。
1次試験対策、2次試験対策と8ヶ月間も続くなかなかいかつい講座です。

全8課目ある中の1課目の授業が終了したタイミングで、 そのクラスの懇親会が催されました。
「長く続く勉強生活でお互いに励まし合う仲間を作る場を」という先生の粋な計らいでした。
1次会はお互いに自己紹介して、お互いの仕事のことを聞き合って、程よい距離感で和気あいあいと話していたのですが、2次会に場所を移ったところで思わぬ展開になりました。
同じテーブルについていた10個くらい上の方(自称課長)がなぜが僕を詰め始めたのです。

「社会人1年目だったらもっと他に勉強することがあるんじゃないの?」
「合格率知ってる? 君なんかが受かると思う?」

僕のバックグラウンドも良く知らずにどうしてそういうことを言えたのかよく分かりませんが、事を荒立てる気もなかった僕はとにかく「はい、そうですね」「すみません」ととにかくやり過ごすことに徹していました。
隙をついてテーブルを移動しましたが、気分は晴れませんでした。
僕は聖人でも君子でもないのですごく腹が立ったのです。
生物学的にも男はプライドを傷つけられるとめちゃくちゃ腹が立つしどうにかしようというエネルギーが湧き起こります。
けれどまだ胸を張って言えるような実績がなかったので 、とにかく結果で示す以外にありませんでした。

そのエピソードがあってからは僕も身を入れて勉強するようになりました。
勉強仲間は作らずに一人で勉強し続けました。
きついなぁと思うことがあっても自称課長の顔を思い出すともう一踏ん張りができました。

最終的には僕はストレート合格を果たすことができました。
その後自称課長とは一切コミュニケーションを取っていませんが、クラスで受かったのは僕ともう一人だけだったので、彼が落ちたのは間違いありません。

年齢とか立場だけで人を下に見るような人間に僕は絶対になりたくないと思います。
でもそういう人がときどき目の前に現れて僕のことを馬鹿にするから、僕は頑張ろうと思えるようなところがあります。
起業してからも何度かコケにされたことがあります。
そういう人たちを見返るのは大変ですが、とてもやりがいのあることです。
僕は自分のペースで進んでいこうと思います。 

↑このページのトップヘ