会社を立ち上げてからまもなく3年になろうとしています。
「3年」という数字には、いろいろと曰くがあります。
新卒入社した会社には3年はいた方が良いとか、3年以内に倒産する会社の割合は70%とか…。

自身を振り返っても、3年目を節目に感じることがよくあります。
高校生のとき小説を書き始めて3年目には文章がかなり洗練されてきて、ストーリーや構成といった評価の難しい要素を磨くフェーズに入り、自分の成長を実感するのが難しくなりました。
大学に入り学園祭やフリーマガジンを発行するサークルに打ち込みましたが、3年目にはこなれてきて、4年目はなくて良いなと感じました。院に進学しなかったのも、やりきった感が要因としてありました。
新卒で入ったマイナビでも、3年目には大体の業務を理解できた状態になっていて、かと言ってマネージャーになるまで何年も待つ気になれず転職しました。

ecfd0e6f2525eca5928b0361eaeb794f_m

そして今、起業して約3年の地点にいます。
1年目は新しい事業を描くところから、ユーザーインタビュー、プロダクト作り、フィードバックを受けてのピボット、アルバイトチームでのオペレーション化、総務経理と経験のなかったことばかりでとにかく学びながら手当たり次第に物事を進めていました。
2年目には前年にうまくできなかったことをもっとうまくやったり、マネタイズに向けた営業や他社とのアライアンスの取り組み、新しい施策のテストマーケなど、フロンティアは広がっていました。
ところが3年目になると、目新しいことが途端に減ります。新しい取り組みがあっても、これまでやってきたことの応用であまり苦心することなくできてしまう。
例に漏れず、自分の成長の停滞を感じるようなところがあります。

3年目には、1・2年目と比べるとどうしても成長曲線が鈍化します。器用な人はこのスパンがもっと短いかもしれません。
3年で転職したり、3年で踏ん張りが続かなくなって会社を倒産させたりするのは、この停滞感と無縁ではないと思います。
成長することはやはり楽しい。どんなに公器を目指していても人は人なので、楽しいことが楽しくなくなると身が入らなくなってしまうことは否めない。
プロのアスリートになってくると0.01%の差が勝敗を分けるので成長曲線が鈍化しても継続することに価値がありますが、多くのビジネスマンにこのことは当てはまらないでしょう。スポーツに比べて能力以外の変数が多すぎて、0.01%伸ばすことの費用対効果がそんなに高くないためです。

じゃあどうしたら良いんだということを考えると、この3年目の壁を認識して、フロンティアを意識的に見つけにいくことが大切なのではないかと思います。
転職するのが一番分かりやすいですが、そうでなくとも自分のポジションを変えたり、フォーカスするテーマを大きく変えたりする。やり方を変えると大きなストレスがかかるので、これは意識しないとなかなかできない。
同じことを繰り返していても会社自体も停滞してしまうので、この取り組みは理にかなっているような気がします。安定に対して意図的に緊張感を持ち込むということは、会社に限らずあらゆる組織に苦い良薬となるでしょう。

今回言いたかったのは、停滞の構図を理解して、手を打つべきだということです。
自分の停滞のサイクルを理解していたら、そもそも3年目の停滞期を無為に過ごす必要がなく、それこそ2年で転職したり、3年目には新しいポジションを目指したりして成長曲線を右肩上がりに保ち続けることができます。
成長すること自体を目的化しても仕方ないけれど、成長することは楽しいし、できることは確実に増えます。

僕も今は人脈や癒着といった、自分が苦手としていて避けて通ってきたテーマに取り組もうとしています。
成功者たちには参謀やパトロン的な存在がつきもので、そこには合理性を感じており。このテーマについてはまたの機会に。
特に先輩のアントレプレナーさんとお話をしたいと思っています。「時間取っても良いよー」という方、Facebook等でお気軽にご連絡くださいませ!