高校のバスケットボールの授業中、ラインを切ろうとするボールに手を伸ばしたが届かず、相手チームのボールになってしまうことがありました。
そのときバスケ部の友人がとばしてきた言葉が「先に手を伸ばしてもだめだ。ボールのところまで走っていってから手を伸ばせ」というものでした。
この言葉はすごく象徴的なものだと思います。

最近強く思うのが「身の程より大きくなることはできない」ということです。
見栄を張ってもボロがでるし、本質的に意味がありません。
自分をブランディングしようとしても、十分な材料がなければ著名人たちと同じフィールドでは戦えません。
自分を大きく見せようと思っても仕方がない。自分の身の程をわきまえる必要もありません。わきまえなくてもそれ以上になることがないからです。
NewsPicksで気の利いたことを言っても、有名なCEOのジョークにかき消されてしまいます。Twitterで情報発信しても見向きもされません。でもそれが身の程というものだと思っています。

ほどほどに生きろということではありません。
僕は常にチャレンジをしようと心がけています。それは身の程を少しでも大きくしていくためです。
今日の自分は失望されるかもしれない。それは仕方がない。
でも身の程を大きくし続ければ、いつかはそうではなくなります。
今日結果が出なくても焦る必要はありません。ボールのところまで走っていくしか他に手だてはありません。