カテゴリ: ビジネス

学生が起業を学ぶことのできる「ウィルフ」というビジネススクールがあります。
アントレプレナーイノベーションキャンプというイベントで代表の黒石さんとご一緒した縁で、先日メンターとして授業におじゃましてきたのですが、このビジネススクールのカリキュラムがなかなか奮っています。
先輩起業家からビジネスのノウハウ、プレゼン、資金調達などについて幅広く学びながら、受講期間中に3回、実際にビジネスを起こすというスパルタぶり。
1回目はインターネットを使って、2回目はイベントなど何かしらリアルなかたちで、3回目は制約を設けずに、実際にお金を稼ぐということをするそうです。それぞれ期間は2週間。
受講生によっては2週間で100万円以上の粗利を叩き出す強者もいるんだとか…。

24

社会人経験が10年あったって、自分でビジネスをやれと言われてできる人なんて一握りだろうと思います。ポンと事業を始めて100万の粗利を出せる人なんてほとんどいないでしょう。
僕も、自分がそれをやれと言われたらちょっと憂鬱になってきます。

けれど、憂鬱になるようなプログラムだからこそ、大いに実用性があるのだと思います。
ビジネスをやることは大変だし、最初に立てた仮説はそうそううまくいくものではありません。やってみると意外と大変だぞということにすぐに気づく。やり方を変えてみてもなかなか状況は好転しない。悠長に構えていると1週間なんてすぐに過ぎます。
いよいよ慌ててできる限りの手を尽くして、ようやくちょろっと売上が立つ。その金額は、2週間普通にアルバイトしていたら稼げたであろう金額には遠く及ばないものだったりする。
自分の無力さに打ちひしがれていたら、後2回もこれがあるんだということを思い出す。考えるだけでも心が折れそうになる…。

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_s

もう、まんま起業家が体験するような筋書きです。
このカリキュラムを最後まで走り抜けたら、知識としてのインプットの他、下記のような成果が得られるでしょう。

- 物事がなかなかうまくいかないことを経験する。
- 仮説がうまくいかない前提で、手を尽くすということを経験する。
- 心が折れそうな状況になっても持ちこたえてやりきるということを経験する。

いずれも勤め人だとなかなかできることではありません。
起業家の立場から見ても、起業家として効率的に鍛えられるであろうことは想像に難くありません。
学生に限らず、ゼロから1を生み出す経験がなかなかできない社会人が受けても大きく成長できることでしょう。
実際に卒業生で事業を立ち上げた例は枚挙に暇がなく、資金調達に成功している例もあるそうです。プログラムを通してモチベーションが同じ仲間と出会えるのも大きなメリットの1つとしてありそうです。
企業にいったん就職した卒業生たちについても、他の同期とは動き方が変わってくるのではないでしょうか。

5a14328f97dbfe3b185740f7a775148f_s

ちなみに僕がメンターとしてお邪魔した翌日からビジネスを始めた学生チームは、大学の上級生が使わなくなった教科書を下級生に販売する取引の仲介を展開。
チラシを巻いたり実際に呼びかけたりと様々な施策を打ったものの、これがなかなかうまくいかず、1週間でピボット。
残りの1週間はマーケティング支援事業に専念して盛り返し、最終的には2週間で46万円の粗利に着地したそうです。
1週間で見切りをつけてピボットしたことも、最終的にしっかりと利益を残したことも見事としか言いようがないです。普通にすごい…。

メンタリングさせてもらったチームの所属する31期生のインタビュー記事


学生起業には賛否あるかもしれませんが、個人的にはやったほうが良いと思ってます。
社会人になると自分の食い扶持を稼ぐ必要があり、家族ができると養う必要がありと、どんどん無茶をできなくなっていきます。
学生にはそういった社会人について回るリスクがありません。仲間も学生から募れば、無休でしゃかりきに働くという夢のようなチームを作れるでしょう。
社会人経験を積んだほうが良いかどうかということを考える必要はあんまりない気がします。学生の間に立ち上げてうまくいったらそれで良いし、うまくいかなかったら就職すれば良いだけでしょう。


そういうわけで、メンターという建前でおじゃましたものの、自分の方が良い刺激をもらって帰ってくることになりました。
ウィルフのカリキュラムはよく考えられているし、将来的にでも起業を検討しているという学生にはおすすめです。
周りの受講生たちが頑張ってビジネスを立ち上げていく中、乗り遅れるというプレッシャーから自然とチャレンジに駆り立てられるという構図に自らを放り込んでみてはいかがでしょうか!

※本文には事実とちょっと異なる部分があるかもしれないし、カリキュラム自体にも日々変わっていく部分があると思います。正確な情報は説明会等で仕入れてください!

皆さん「オーディオブック」をご存知ですか?
文字の通り、ビジネス書や小説などの書籍をナレーターさんが読み上げる商品のことです。
どこに行くにも車を使うアメリカでは結構前から浸透しているようですが、日本にはいまいち馴染んでいません。

かくいう私もずっと気にはなっていて、活用しようと試みたこともあるのですが、そもそもオーディオブックを買ってからスマホに保存するまでも面倒だし、保存したオーディオブックを途中まで聞いて聞いたところから再開するというのも音楽プレイヤーの問題で面倒だしで、長続きしませんでした。(iTunesとオーディオブックの相性の悪さよ!)

このオーディオブック、Amazonがついに日本でも展開を始めて、上記の問題を一気にクリアしてくれました。

48f6920b578122bcb88fc41633badac3_s

Amazonの「Audible」がすごい

Amazonの子会社が提供する「Audible」がとにかくすごいんです。

- アプリ上ですべて完結する
オーディオブックのダウンロードから再生まで、Audibleのスマホアプリひとつで完結します。
途中まで再生したものは、途中から再開できます。
こうやって書くとできて当然のような気がしますが、この当たり前のことができるアプリがなかなかありませんでした。
※調べたところ、Audible進出前から展開していたFeBe!という和製のオーディオブックサービスも、いつのまにかスマホアプリを出していました。まぁ必要ですよね…。

- 落とし放題、聴き放題で月額1,500円
ここがまたすごいのですが、ビジネス書、小説、落語やらが月額1,500円で落とし放題、聴き放題の料金体系になっています。
AWAやLINEミュージックといった音楽の定額配信サービスが熾烈な競争を繰り広げていますが、オーディオブックについては、少なくとも日本では寡占状態です。
1,500円と言ったらビジネス書一冊分の料金。つまらなかったら聴くのをやめて削除しても懐は痛みません。
書籍も驚くほど豊富で、僕は既に100冊くらいが積ん読状態になっています。

オーディオブックは雑用に革命を起こしてくれる

「雑用」と表現すると怒られてしまうかもしれないけれど、いかにインプットとアウトプットの質を高めていくかという勝負をしているビジネスマンにとって、掃除洗濯などの家事や、経費精算や業務報告といった提携業務は、悩みの種なのではないでしょうか。

75ec34faeed2f2d1775c2a88867a6201_s

人間は基本的にマルチタスクの苦手な生き物ですが、肉体的な運動と、頭を別のことに使うということは可能です。
つまり、洗濯や経費精算をしている時間にオーディオブックを聴くことで、ルーチンの消化試合のような時間がインプットの時間に変わります。
ちなみにオーディオブックの再生速度は3倍にまで早められます。個人的には2倍くらいが良いところなので、一冊読むのが平均3時間くらいになっています。まぁ紙の本で読んでもこれくらいかなという感覚です。

家事も積極的にこなすイクメンながらにインプットもばりばりなビジネスマン、憧れませんか?
ビジネスマンにおすすめのAudibleはこちら
※アフィリエイトでも何でもありません。


さて、個人のインプットを大事にしているニューロープはエンジニアを募集しています。
大企業なら業務時間にイヤホンを付けるなんてちょっと考えられないかもしれませんが、ニューロープはOKです。経理やら総務周りの仕事をしているとき、代表の酒井が率先してオーディオブックを利用しています。
時間を大切にしたいあなた、ぜひとも奮ってご応募ください!


「職務発明」という言葉を聞いたことはありますか?
世の中を変えるような画期的な発明は、ときに莫大な利益を生むことがあります。
企業としてはそんな発明を通してイノベーションを起こしていきたいところでしょう。
この発明は、当然ではありますが実際には企業に所属する従業員、または従業員のグループがすることになります。
ここで「発明は発明者のものか、発明者の帰属する企業のものか」という話になります。

職務発明は誰のもの?

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

結論から言ってしまうと、企業に勤務する従業員が業務の範囲内で発明をした場合、就業規則などで指定することによって、この発明品を事業展開する権利を企業が引き継ぐことができます。これを指して職務発明と言います。
ただし、
会社は相当の対価を従業者に支払わなければならない(特許法35条3項)
という条文にある通り、発明者に相当の対価が支払われることが特許法で定められています。
この「相当の対価」というのは、一体いくらなんだという話に当然なります。
青色発光ダイオードの訴訟では、企業側に200億円の支払い判決が出たニュースはかなり話題になりました。

実際に特定の発明が莫大な利益を生んだとしても、企業はその発明のみに投資しているわけではありません。
例えば大きな製薬会社などは、大量のプロジェクトを同時に走らせて、そのうちひとつがヒットすれば良し、という具合にポートフォリオを組むような投資をしています。
それらのプロジェクトのうちどれが功を奏して、かつ他社を出し抜いて、市場にマッチして利益を生むのかということは不明です。分かっていたら苦労はしないでしょう。
ここで「このプロジェクトはたまたまうまくいった」という考え方をすると、そのプロジェクトに所属していた発明者が利益の多くを独占するというのは、企業側としても、他の従業員としても納得しにくい話でしょう。(もちろんプロジェクトの成功を左右するのは偶然だけではありませんが、その比率を見積もることはとても難しいことだと思います。)
大企業の中でもたまたま景況の恵まれた事業部に配属されたグループがボーナスにあやかる、という状況はあちこちにあると思いますが、これと似ています。

職務発明者に支払われる「相当の対価」はいくらが妥当か?

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

ニューロープも一件特許出願を進めていて、特許事務所の弁理士さんとコミュニケーションを取る中で、この点について相談してみました。
「相当の対価」というのは一体いくらなのか。
相場観としては、下記のようになるそうです。

- 特許審査申請時:5,000円
- 特許登録時(審査を通過した際):5,000円
- ライセンス料などが発生したとき:利益の1〜5%
- 特許を売却したとき:売却額の1〜5%
- 会社を売却したとき:特許部分の価値を見積り、その1〜5%

この取り決めを就業規則に明記するか、発明者と事前に承諾書を交わすか、いずれかの方法で合意を取っておくことを進めるとのこと。
承諾書については後々のことを考えるとあった方が良いでしょうが、上記の相場はあくまでも特許事務所さんの感覚値なので、実際には企業や状況によって異なることも多いと思います。
ただし「相当の対価」という掴みどころのない数字を考えるスタート地点にはなるのではないでしょうか。

私個人の感覚で言うと、もっと大きな対価を支払っても良いのではないかという気がします。
キャッシュフローの安定している中小企業とは違って、ベンチャーはハイリスク・ハイリターン。EXITでメンバーに利益を還元できるよう仕込んでおくことが、代表の一つの仕事だと思っています。


さて、ニューロープは一緒に世の中を変えるような発明をしてくれるエンジニアを募集しております。
ご興味のある方は、ぜひWantedlyからご連絡ください!


ニューロープはちょっと前に、メルカリでゲーミングPCを買い足しました。
ゲーミングPCというのは、その名の通り、オンラインゲームなどを楽しむためにカスタマイズされたPCのこと。
そこそこ大きな筐体で、GPUのパフォーマンスの良さが特徴です。
画像認識系のdeep learningでは、このGPUが欠かせません。
deep learningにはとにかくリソースが必要で、AWSで回していたときは請求書が大変なことになりました…。

machines

そんなこんなで、10万円前後のゲーミングPCをメルカリで落とし、現在フル稼働させています。AWSからの請求書も落ち着きを取り戻して一安心です。
ゲーミングPCの良さは、その流通量にあるかと思います。機械学習用にエンタープライズ向けのサーバを買ったりすると高くつきますが、ゲーミングPCはそれよりも量産されているので、お財布に優しいんです。


さて、ニューロープに入社すると、これらのゲーミングPCを活用して、実務で人工知能に取り組むことができます。必要とあらばいくらでも買い足します!
Wantedlyでメンバーを募集しているので、良かったらぜひ応援、フォロー、エントリーしてください!
Wantedlyはこちら

また人工知能に関する開発案件も承っています。画像認識、テキストマイニング、グラフ理論など、酒井までお気軽にご相談くださいませ!

image-sc-mediamarketing

僕はCUBKIというウェブサービスを運用していて、このサービスを通して影響力のあるモデルさん、読モさんたちとのリレーションを持っています。
彼女たちはみんなブログを長年運用していて、月間PVが10万を越える人も多く、中には100万を越えるような人もちらほらいます。
本業ではないものの、僕はこのブログを通して企業のプロダクトをプロモーションする、いわゆるブログプロモーションのお仕事をときどきさせていただいています。
その経験を踏まえて、「ブログプロモーションには意味があるのか?」というお話をします。

そもそもブログを見ている人はいるのか?

情報発信の場がSNSにシフトしてからもうかなり経ちます。mixiが流行りだしたのは10年も前の話ですよね。そのご時世に「ブログ」と言われてもピンと来ない人も多いと思います。
果たしてブログは未だに見られているのか。
結論から言ってしまうと、ブログはまだ影響力を持っています。
理由としては下記のようなものが挙げられます。
  • ブログは商品になります。SNSと違って写真、テキスト、リンクを組み合わせて記事を作ることができるし、広告を貼り付けることもできます。商売道具になるからこそ、今でもパワーブロガーはブログを多頻度で更新し、SNSからブログへとファンを送客しています。
  • アメブロにしてもライブドアにしても、ブログはSEOに強い性格を持っています。SNSやアプリにシフトしていると言っても、ウェブ上のトラフィックの多くは検索エンジンから生まれています。
つまりブロガーはブログを書き続けているし、検索エンジンやSNSからユーザーは流入している状況です。だから数十万、数百万PVのブログが珍しくないのです。

バズマーケティングに効果はあるのか?

未だに見られていることは分かった。でも読者はばかではない。記事と広告の違いくらい見分けられるのではないか。
“ステマ”という言葉も広く知れ渡り、インターネットユーザーのリテラシーが底上げされているのは事実だと思います。
一方でパワーブロガーさんたちがファンから支持を得ていることはそのPV数からも推し量れるし、「そのガウチョパンツはどこで買ったものですか?」というようなより詳細の情報を求める読者のコメントが付いていることからもうかがえます。
大切なのは「人と企画がマッチしているか」というポイントです。ブロガーさんの文脈に合わない商材を紹介してもらっても意味はないけれど、ブロガーさんが共感できるようなアイテムであれば読者の共感も得られる。そんな当たり前の構図を守るか守らないかで効果の有無は変わってきます。

52dec0d24f4421b6835e3433034a05e3

数万PVを叩きだしたファッションコンテスト企画

今までいくつか実際に施策を打ちましたが、例えばファッションコンテスト企画は成功した事例です。アパレル企業さんとタイアップし、モデルさん、読モさんたちに参加してもらってオンライン上でファッションコンテストを開催したところ、数万PVを叩き出すことができました。タイアップページのPV単価を相場の100円程度で試算すると、数百万円の広告効果があることになります。
これは下記の2点でファンの共感を得ることができたためと考えています。
  • ファッションをテーマとしているところ。モデルさん、読モさんとファッションはもともと相性が良く、「アパレル企業の多数ある商品の中からモデルさんが良いと思うアイテム」をチョイスしているため、企業が売りたいものをプッシュしているだけではなく、モデルさんの感性がそこにはプラスされています。
  • ファンがモデルさんを応援する構図があるところ。もともとファンの人たちには、ひいきにしているモデルさんを応援してい気持ちがあります。これはユナイテッドのCHEERZやDeNAのShow roomを見ていても分かることです。

4ce01038b571c8b1387ab0ca0aad1b10

まとめ

読者モデルやパワーブロガーに影響力があるのは確かです。ただしただブログやSNSに書いてもらえば良いという話ではなく、企画をしっかりとフィットさせる必要があります。
バズマーケティングをお考えの方はお気軽にお問い合わせください!

↑このページのトップヘ