MIMIYAKO85_sagyousurudansei20140725500-thumb-1200x800-5167

大学院卒業と同時に独立した友達


大学の頃の同級生に、院の卒業と同時に就職せずそのままフリーのアニメ監督になった人間がいます。
卒業していきなり独立することの是非を問う議論は昔からありますが、今回そこは焦点ではありません。
彼は学生の頃から外部企業の仕事を請け負っていたこともあり、クライアントもパートナー(アニメーターさんなど)も十分に確保できていて、最初からオフィスも構えてビジネスを軌道に乗せることができました。

僕は院には行かずサラリーマンになったので、その頃すでに3年目。ある程度決裁権をいただいていたこともあり、その友達を応援するつもりで仕事をお願いしました。最初は漫画の表現を利用したDMを制作する軽めのお仕事でした。
他のフリーランスや制作会社さんと仕事をすることはそれまでにも何度かありましたが、驚かされたのは彼のレスポンスの早さ、段取りの迅速さ、企画の提案力、コミュニケーション能力です。軽く概要を伝えただけですぐにスケジュール感や絵コンテ付きの企画が返ってきて、その勢いで面白いくらいとんとんと制作が進んでいきました。
応援するつもりが逆に助けられてしまったのです。このとき彼が軌道に乗った理由がよく分かりました。途中から僕自身がリピートしたい気持ちでいっぱいになっていました。


独立してうまくいく人、苦戦する人


アニメ監督の彼に限らず、僕の身の周りには独立している人、独立を目指している人が少なくありません。
デザイナーだったり、エンジニアだったり、映像制作だったり、いわゆる「フリーランス」と呼ばれる人たちです。
相対的に見てうまくいく人、苦戦する人がいるわけですが、それを分ける要素が何かというと、感覚的には技術力よりも営業力であることが多いように感じます。
どんなに技術力があってクオリティの高いデザインができたとしても、営業力がなければ新規の仕事を獲得することもリピートしてもらうこともできません。
逆に多少技術力に難があったとしても、プロジェクトが円滑に進んで納品されることが確かであればリピートされます。
ここで言う「営業力」というのは、スーツを着ていて礼儀がなっているとかそういうことではなく、アニメ監督の彼が体現しているような、クイックレスポンス、ディレクション能力、企画力といった、クライアントが最終的に感じる満足度を上げるための様々なコミュニケーション要素です。
ここがしっかりしていると安定的に仕事が回って、仕事につながるかどうかも分からないような営業に時間を割く必要もなくなります。

補足しておくと、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシング系のサービスがフリーランスの新しい働き方を提示しているという状況ではありますが、クラウドソーシングでも同様に営業力が見られてそれがクライアントからの評価として残り、やっぱり同様に格差がついていくことになります。
またフリーランスとしてやっていく上でクラウドソーシングを使うとオフショア(海外のリソースを使っている日本人や、生活コストの低い海外に住んで仕事を受けている日本人)と競合するのでかなり相場が低く、なかなか余裕のある暮らしはできないのが現状です。


クライアントはなぜ営業力のある人間に仕事をお願いするのか


クライアントの大半はサラリーマンです。サラリーマンが一番避けたいのは失敗することです。納期を守れず社内全体のプロジェクトが滞るようなことになれば、どう責任を取ったら良いか分かりません。昇給が難しくなるだけではなく、チーム内での信頼まで失ってしまいます。
フリーランスの人には平気で数日メールの返信をしない人もいますが、そういうことをされるとたまらなく不安になるわけです。だから密にコミュニケーションを取ってくれることは、リピートする/しないの最低条件と言っても良いと思います。
他にも「楽しくプロジェクトをしたい」とか「良いアウトプットを生みたい」といった要望はありますが、飛び抜けて大切なことが「信頼できる人と仕事をしたい」です。
フリーになったら人間関係やいろいろな制約から自由になれるイメージがあるかもしれませんが、フリーランスの方が営業力はより求められるようになります。
そういった意味でフリーランスになることを検討している方は、技術だけ磨いていくのではなく、社内でのコミュニケーションなど営業力に直結するようなタスクにも真剣に取り組んでいくのが良いと僕は思っています。


最後になりましたが、アニメ監督の友達の名前は山元隼一
バンダイナムコやNHKなどで、最近も色々と活躍しているようです。
イラストやアニメ制作の案件があったら、すごくおすすめなので一度声をかけてみてください!

N934_akusyuwosurutebiz500-thumb-781x500-1867
「人脈」という言葉を使うときな臭いけど、特に中小企業は一つの業務提携が会社の大きな躍進につながったりするので、僕は積極的に人に会うようにしています。交流会にも参加するしCoffeeMeetingも活用しています。交流会で名刺交換しまくったり、自分の事業を何回も何回も説明するのは気が滅入るけれど、それも仕事だと割り切っています。

社長さんとお会いするといつも「相手のために何ができるか」を考える

そんなこんなで最近いろいろな社長さんともお会いしています。会社の代表同士で会うと、当然仕事の話をします。お互いに何をやっているか。どういった課題感があるのか。お互いにどういったことを提供できるのか。
そんなビジネスライクな話をしていて疲れないかと思われそうですが、双方にとって仕事が生き甲斐であり、趣味でもあるので、盛り上がりこそすれ、疲れることはあまりありません。鉄ちゃん(注:鉄道オタク)が鉄道の話をしているときと脳内物質の構成はそんなに変わらないと思います。

そしていつも登場する、象徴的な決まり文句があります。
「どなたかおつなぎしてほしい人はいませんか?」というものです。
話しているうちに、事業・情報・人の面で何か相手に貢献できることはないかと、お互いに前のめりになっていきます。これは「ギブしたらテイクできるから」という単純な図式ではないような気がしています。
お互いに事業をしている。同じような苦労をしている。それだけでどこか共感できる部分があり、自然と「相手のために何ができるか」を考えるようになります。

ギブ&テイクは実績よりも気持ちの問題

この「相手のために何ができるか」という思いには双方向性が欠かせません。よく言われるように、お互いに貢献の意思があるときギブ&テイクは成り立ちます。「リターンがないならギブできない」というケチな考えをしているわけではなくて、「搾取することだけを考えているような人を応援する気になれない」という感情的な理由が絡んでくるためです。
ギブ&テイクは、実績面で釣り合っている必要はありませんが、気持ちの面では釣り合っている必要があります。人間は経済合理的である以上に感情に左右される生きものです。少なくとも僕はそうだし、お会いしている方々にもそのような人が多いように感じます。実績のことを考えたらひよっこの僕なんてそもそも相手にしないと思います。
ギブ&テイクはドライな考え方のように見えて、非常にウエットな、人間的なコミュニケーションです。ビジネスとか人脈とか一見きな臭いですが、中に入るほど人間的なコミュニティであることが、足湯のように沁み入ります。

ビザスクとは?

ビザスクというウェブサービスがあります。
専門家に相談できるクラウドソーシングサービスで、例えば経験豊富なマーケターに企画の作り方を教えてもらったり、利用規約の作り方を弁護士に教えてもらったり、ベンチャーキャピタルとの接触の仕方を先輩起業家に教えてもらったりというようなことができます。相談の形式はスカイプだったり対談だったり。今のところアドバイスの対価としての相場は30-60分で3,000-10,000円程度のようです。
相談者は相談したい内容と報酬額などの条件を登録して、アドバイザーの応募を待ちます。応募者に「この人にお願いしたい!」というアドバイザーがいたら、実際に相談する日程を調整して相談を持ちかける流れです。

ココナラやTime Ticketはアドバイザーがあらかじめパッケージを作って定額で売っているのに対して、ビザスクは相談者側の要望に対してアドバイザーが入札するような形式になっているのが特徴です。どちらかというと前者はアドバイザー寄り、後者は相談者寄りの思想ですね。
起業前後のスタートアップや十数名規模の会社だと内部リソースに限りがあり、創業メンバーの知識に会社の行動範囲が左右されてしまうようなところがあるので、相談を単発で発注できるニーズは個人的な感覚ではかなり強いです。
58

アドバイザーとして利用してみての所感

このビザスクを、アドバイザーとして実際に使ってみました。今まで相談に乗った回数は4回。相談内容はサービスへのアドバイス、企画立案に関するセミナー、ユーザーインタビューなど。
僕は「限られた時間でできるだけ依頼者のプラスになるように」と、毎回事前に話す内容をまとめておくようにしています。なので実際は相談時間以上に下準備に時間を使っていて、正直報酬額は見合うものにはなっていません。それでもアドバイザーとして利用する価値は十分に得られています。なぜなら相談を通して、相談者側から粘着性の高い情報を聞くことができるからです。
(注:「粘着性の高い情報」というのは「出回りにくい情報」くらいに解釈していただければおおむね問題ありません。)


粘着性の高い情報を得られる場を生む

僕は割と本を読む方(年によって100-300冊程度)ですが、それでも人に会って情報を提供し合うメリットを痛感することが頻繁にあります。本というのは結局ある程度の市場があるカテゴリでしか成立しないメディアなので、すきまもたくさんあるし、そもそも「市場を知っていること」がビジネスパーソンの競争優位性だったりするので、公開されていない情報の方が多いのです。
だからこそ相談者が相談を持ちかける意義があります。業界の感覚的なこと、事業にドンピシャで役立つ手法など、自ら本を読んだり試行錯誤していたら何ヶ月かかるか分からないような情報を1万円で得られるのであれば、使わない手はないと思います。
同様にアドバイザー側も相談者から粘着性の高い情報を得ることができます。相談者も事業に本気で取り組んでいる人間なので、市場のことよく考えているし、よく知っています。つまりアドバイザーは報酬として金銭的な対価だけではなく、情報的な対価も得ることができるのです。また相談を通して生まれた出会いは当然多様な人間関係の一部に組み込まれます。いつまでも冷めない熱を持ったまま。


1ユーザーからの個人的なエール

アドバイザーとしての登録者にはそうそうたる顔ぶれがいます。(世の中にはこんなに社長がいるのかと驚くほど!)僕もしかるべきときに今度は相談者として利用させていただこうと思っています。 
このサービスはTime Ticketなどと違ってサービス自体に拡散する仕組みをまだ持っていません。だから相談の登録ユーザーにリーチしにくく、またユーザーのLTVがどうなんだろうという問題もあります。(要は1人の相談ユーザーがそう何回も使いはしないだろうという問題です。何回も使ってくれないとユーザー獲得コストが回収できないので悩ましい問題です。)
けれど日本のスタートアップ生態系を支えるような存在に成長しうるサービスだと思うので、頑張ってほしく、ささやかながら記事にまとめさせていただいた次第です。Tinderばりにクチコミで広まるのを期待しています。
是非みなさんも一度お試しまでにご登録ください! そしてあわよくばサービス発展のため拡散にご協力ください。

↑このページのトップヘ