-shared-img-thumb-PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

すごく個人的な話になりますが、先日"歯茎が腫れる"という症状が出て、久方ぶりに歯科に行ってきました。
レントゲンを撮って検査をした結果、奥歯の顎骨が溶けていることが判明。
歯科医が言うには、歯茎の奥に歯石が溜まり、これが原因で歯を支えている歯茎の骨(顎骨)が溶けている。溶けた顎骨は元に戻らないので、歯石を取り出して現状維持を努めるしかないとのこと。
ちなみにこれが進行すると、上顎に骨を移植したり、インプラントを差し込んだりといった大がかかりな手術が必要になり、かなりの治療費が必要になってくるのだそうです。
家に帰ってちょっと調べてみると100万、200万といった単位でかかってくるようでした。

顎骨を理由に会社を畳むこともありえる

このとき思ったのは、こういった自分や家族の身体的な病気が原因で事業の中断を余儀なくされる可能性があるなということでした。
起業して以来、私財を事業に投下して自分の給与もかなり切り詰めて生活をしているので、100万、200万といった治療費を工面するには何かしら対策を打つ必要があります。
サラリーマンに戻ったり、受託事業に専念したりすれば難しいことではありませんが、それにしてもしばらくの足止めを食うことになります。
失うことを恐れず、酷い生活を送りながら事業に打ち込んでいる起業家というのは決して珍しくないと思うのですが、顕在化している健康問題まで犠牲にすることはできないのではないでしょうか。

健康に気をつかっていても定期検診を受けるべき

僕は普段歯磨きに20分くらいかけており、また自転車通勤(片道10キロ)など適度な運動もしており、健康面には気をつけているつもりでした。実際に虫歯などはなく、奥歯を除くと歯槽は平均よりもずっと健康な状態を保っているのだそうです。
なので日々の生活態度を悔い改めるという感じでもなく、対策を打ちうるとしたら、定期検診しかなかったなと思います。
年に一回健康診断を受ける。引っ越しをしても近所にかかりつけの歯科を見つけて、定期検診を受ける。
すごく当たり前のことですが、特に歯科に関してはなかなかこれができずにいる方が多いのではないでしょうか。
歯茎が腫れたり、虫歯が進行したりしてから歯科医に初めて診てもらい、取り返しのつかない状態になっている方は珍しくないそうです。

健康問題は結婚や出産と並ぶようなライフイベント

健康を害すると生き方のオプションが変わってきます。
健康がきっかけてビジネスの最前線から退かざるをえなかった知り合いもいるし、自分自身もそうなりかねないなと今回思いました。
結婚や育児はライフイベントとして意識しやすいものだと思いますが、病気もそれに並ぶようなインパクトを持っています。
こうやって文章に書くと当たり前すぎる感じがしますが、何かしらきっかけがないと、本心から気にするのは難しいことであるように思います。
健康問題のプライオリティの高さが、夢を追うみなさんにも認識されることを願ってこのエントリーを書きました。

1

有限の時間を活かして最大限の仕事をして最大限成長するために、仕事の効率化はロマンと言っても差し支えない命題です。
酒井が今まで試行錯誤してきて「これは間違いない!」というアイテムをご紹介します。
自己投資と考えたらどれも安いものばかりです。

アミノバイタル

多くのビジネスマンはジョギングや筋トレなど、パフォーマンスを保つために日常的な運動をしているのではないかと思います。
そうでなくても営業で重たいパソコンを持って歩き回ると(アポが過密なときは走り回りますよね…)、意外と体力を消耗するものです。
「疲れたな」と思ったときに飲んでおきたいのがアミノバイタル。飲んでおくと翌日の疲労回復が段違いに変わってきます。
 


モバイルバッテリー

Macbook proの寿命を+3時間伸ばすことのできるバッテリー。少し重たいですが、外出の多い方にはすごくオススメ。電源のあるカフェを探し回ると結構時間をロスしますよね。
 


iPad mini

タブレットを持っていない人が意外と身の回りにたくさんいます。そこそこ値が張る割にはスマホとの差がさほど感じられないからかもしれません。
改めてiPad miniの使えるポイントをまとめておきます。
・プレゼンに使える:いちいち資料を印刷して何部も持ち歩かなくても、iPadがあればさっと見せることができます。資料は後から電子メールで共有したほうが、お客さんも管理しやすいので助かります。
・ディスプレーになる:"Air Display”というアプリケーションを使うと、iPadをサブディスプレーとして使えるようになります。出先のカフェでもデュアルディスプレーで作業できるのですごく便利です。
・読書に使える:よく本を読む人は一日に3-4冊持ち歩いていると思います。iPadなら1つ持ち歩けば十分だし、電車で片手でページがめくれるし、蔵書の管理も楽にできます。
・メモに使える:ちょっとしたメモを取るときは、iPad×Evernoteが快適です。(iPhoneだとちょっと厳しい)
 


革張りバインダー

革表紙の高級感溢れるバインダー。(なのに価格は¥1,300とリーズナブル!)
テーブルが狭くても膝の上でメモが取れるし、取引先にいただいた資料をさっとしまえるのでスマートです。半分実用で半分は見栄ですが、見栄も結構大事ですよね。
 


ダンベル

家でそこそこハードな筋トレができる一つ10kgのダンベル。例えばガイアの夜明けやWBSを見ながらでも筋トレができます。人は基本的に分散処理ができない生き物ですが、身体的な運動と頭の運動だけは難なく同時並行できます。
インプットしたい。でも健康にも気をつけたいという人にうってつけ。
※我流だと筋を痛めます。Tarzanなどで正しいダンベルの使い方は学んでおきましょう。
 


ウエストポーチ

ジョギング時にiPhoneを持ち歩くことのできるウエストポーチ。僕は以前肩につけるタイプのものを利用していましたが、どうしても付けている方の肩に負荷がかかってしまうので、ウエストポーチが断然おすすめです。
ジョギングしながらiPhoneで英語なりオーディオブックなりを聴くことができます。
オーディオブックはFeBe(http://www.febe.jp/)がおすすめ。



今後も試行錯誤を続けていくので、「これは」というものがあればアップデートしていきます!

2

中学から大学にかけては純文学を読みふけり、社会人になってからはビジネス書や技術書を読みあさりました。
多い年は600冊、少ない年でも100冊くらいは読んでいます。
書籍は体系立ってまとめられたものであるため、「そこそこ」の領域までインプットする上ではこれ以上のものがありません。
僕が本でのインプットを大切にする理由は主に下記の2点です。

・起業家やプロデューサー職の人は幅広い領域について知識を持っていないと、的確にディレクションができない。専門家になる必要はないが、無知であることは避けないといけない。
・知っているだけで避けられる失敗があります。ビジネスは基本的にトライアンドエラーを繰り返していくもので、失敗にも大いに価値はあると思うのですが、そうは言っても数は減らせます。読書で近道ができます。

そんなこんなで正確なところは分かりませんが、少なくとも3,000冊以上は読んできた中から読んで損がない4冊をご紹介します。

人を動かす/デール・カーネギー

僕はクリエイターなので、どうしても自分で手を動かしてしまいます。自分で思い描いたものは、人にイメージを共有するより自分で作ってしまったほうが一時的には楽だしスピーディです。でもそれだとすぐに限界が来ます。
社内の誰かの力を借りる必要があるし、取引先に何かをお願いすることも増えてきます。そのためには、人に気持よく動いてもらう必要がある。個人事業主として年収1,000万とか2,000万で満足するなら話は別ですが、それ以上スケールするためには避けて通れないエッセンスがこの本には詰まっています。

 

聖の青春

重い病を抱えながらも競争の激しい将棋会においてプロ棋士にまで上り詰め、王座にまで挑んだ村山聖を描いたノンフィクション。村山聖の影には、それまで人生のほぼすべてを将棋に注ぎ込んできたにも関わらず年齢制限でプロになれずに将棋会を去った鬼才たちの半生があります。その世界は壮絶で、無情で、目標に向けて直線的に生きることは美しいけれど、そのリスクを個人が負うという意味、ひいては起業するということについて考えさせられる内容です。
何より感動するはずです。ノンフィクションってこんなに面白いものだったのかと。



人間の性はなぜ奇妙に進化したのか

生物の命題は「いかに自分のDNAを残すか」というところに集約されます。多くの生物はメスと交尾を終えると、すぐに次のメスを探します。その方が子孫を多く残せるからです。でも人間は一部の社会を除いて、一夫一妻制、妻と夫はペアになって子どもを育てます。これはなぜなのか。
人間は一見複雑な心を持っているように見えるけれど、結局”いきもの”なので、生物学的なアプローチで行動の多くを説明することができます。
自分を知るため、他人を知るためにもおすすめの一冊。何より面白いです。



ゼロ秒思考

「これがなぜかうまくいかない」「今すべきことが分からない」そういうもやもやを人は常にいくつか抱えていると思います。それは仕事のことかもしれないし、交友関係や恋愛に関することかもしれない。しかしもやもやは停滞と同じです。何とかしないことには前に進みません。
「ゼロ秒思考」は紙とペンでそのもやもやと向き合うフレームワークを紹介しています。ものごとを考えるフレームワークはたくさんあるけれど、その多くは複雑で、適用が面倒だったりします。
ゼロ秒思考の方法論はとてもシンプルで汎用性が高く、かつ強力なもの。僕もパソコンを閉じて、よく紙とペンで整理を始めます。
パワフルな思考の補助線を与えてくれる、超おすすめの一冊です。



今後も良い本に出会ったり思い出したりしたら随時更新していきます!

↑このページのトップヘ