学生時代からの友人、堤 真矢が新作映画のプロジェクトを進めていて、それに伴ってクラウドファンディングをはじめました。
「映画作品・アート作品のクラウドファンディングは内輪感満載すぎてついていけない」と敬遠なさっている方も多いのではないかと思うのですが、少しピントを変えてそのディティールを覗くと見え方が変わってきます。

彼は学生の頃から自主制作映画を撮り続けていて、社会人になってからもフリーランスとして映像制作をしながらも変わらずに自主制作活動を続けています。
驚きなのが、今回の制作費350万円のほとんどを個人で捻出しようとしているところです。既に制作には着手していて、今回のクラウドファンディングで集まっても集まらなくても必ず完成させるという男らしいやつです。

テーマは30歳を目前にした劇団員たちが、それぞれの人生と折り合いをつけながら、自分たちが果たして何者かになれるのか、一つの劇に可能性を込めるというもの。
この設定はほぼそのまま、フリーランスで映像制作をしながらも自主制作映画を作り続けている監督の心中を反映しているはずで、自分の良いところも悪いところも作品の中でダイレクトに表現する堤 真矢の純文学的なアプローチが期待されます。
今までそうやって映画を撮ってきたし、その作品は少なからず視聴者の心を打ってきたと思います。


過去の自主制作映画『ソラリアビジョンであいましょう』

うまくいくかどうか分からないことにありったけの時間とお金を使う

98a2cc43-6fb6-4975-8d07-85fec4a767ab

何がすごいかって、やっぱりお金と時間をそこに突っ込んでいるという事実だと思います。
映像作品を作るのは本当に大変で、脚本を書き、制作費を捻出して、オーディションで役者を集め、撮影のロケーションを一つ一つ決めて、撮影が少しでもスムーズにいくように絵コンテを描きながらカット単位で撮影の順番を決めて、それでも役者や撮影スタッフを長時間拘束することになる前提でスケジュールを組み、悪天候なども加味してバックアッププランを立てておく。後にも膨大な編集作業と公演という大きなイベントが控えています。
アウトプットが明確ではない中で大勢を巻き込んでいく。チームビルディングしていく。そして自分の口座の350万円をそのプロジェクトの源泉にする。

c804ce40-e032-49b9-86f6-e270990b4537

この構図って起業とすごく似ていると思います。(注: 筆者はファッションベンチャーを2014年に立ち上げて今も取り組んでいる起業家です。)
何もないところから何かを作り上げるということは、結局は自分のお金と時間と情熱をありったけ突っ込むという話になります。
中でも時間は限られているものだし、僕も30を前後している今まさに、自分は何に時間を使うべきなのだろうとか、自分は何者かになれるのだろうかということは本当によく考えます。人生の1/3を消化した時、突然人生が有限であるということが身に迫ります。

うまくいくかどうか分からない。うまくいかなかったら自分は何者にもなれないかもしれない。それでもチャレンジしないことには100%リターンはありえない。
みなさんにも思うところはあるのではないでしょうか。

映像作品というコンテンツフォーマットの可能性

クラウドファンディングと言うとどうしても内輪感があったり小さな生態系に収まってしまったりするプロジェクトが多くなりがちですが、普遍的なテーマに挑むこの作品は多くの共感を呼びうるし、世界に勇気を生む可能性があるのではないかと、プロジェクトの概要を読んでいて思いました。ちょっとでも気になったらぜひ目を通してみてください。


ちょうどコンテンツ業界にもディスラプトの波が来ています。映画館やテレビ番組といった従来のフォーマットが強度を失い、YouTubeやAbema、ネットフリックスみたいな、今までになかったアプローチでコンテンツが発芽するプラットフォームが急速に力を蓄えていっています。
本来コンテンツはそれ自体がパワーを持っています。競合が多い反面、共感を生むことさえできれば非常にスケーラブルなものです。そのことは鉄拳さんのアニメや「つみきのいえ」が証明してくれています。

もともと映像作家や映画監督になる道のりは大きく2つに分けられます。
  1. 映像制作会社などでCMや番組などの監督としてキャリアと実績を積み上げる。指名で依頼が来るくらいにまでなってくると、独立の道も見えてくる。映像制作のスキルを買われて映画の制作にも取り組む。
  2. 同様に映像制作会社などで現場経験を積んだ後、フリーランスの助監督として映画制作のプロジェクトに関わりながら人脈と信頼を地道に開拓していく。並行してシナリオも書き続け、コンテストや業界で権限を持つキーパーソンの目に留まるチャンスをうかがう。
フリーで映像制作をするという堤のやり方は、このどちらにも属しません。だからこそその選択が正しかったのか本人も悩んでいるだろうしこれからも悩み続けるだろうし、一方で第三の道を開通させるという可能性がそこにはあります。
環境が大きく変化する中、彼が映像作家としてどうやって戦っていくのかを含めてすごく楽しみだし、同じ起業家として応援していきたいと思いま、この記事を発信します。

この年末年始にスーパーで目を剥いたという人は多いのではないでしょうか。
野菜がどれも高騰していて、小ぶりなキャベツやレタスが500円と、なかなか手が出ない高級品となっています。
ただの年末年始価格かと思いきや、三が日が明けても値を戻す気配がありません。
悩んだ末に、もやしでひとまずやり過ごしているという人も少なくないはずです。

e0ade6b58f9e95052d84403aa157c3d3_s

天候不順で価格は2倍、ものによっては3月以降も

この価格高騰の背景には、ニュースでも報道されている通り、天候不順による不作があります。
野菜高騰 家計を直撃 天候不順で平年の2倍近く - 上毛新聞

いわく「2月以降には価格が戻っていくものの、白菜など一部の野菜については3月中旬まで続くことが見込まれる」とのこと。
こうなってくると普段は年中リーズナブルな価格で手に入る野菜たちが、途端にありがたいものであることに気付かされます。

66163c6f90478fd6a9707a80c5884c1f_s

小売以外の流通経路を使えば、価格の高騰を回避できる

こんなときに消費者目線で重宝するのが、野菜を購入できるネット通販サイトです。
ネット通販サイトの多くはスーパーや八百屋とは異なる流通経路を持っていて、必ずしも小売店と同じように不作の煽りを受けているわけではありません。
天候不順と言っても、すべからく全国の農家さんたちの収穫に影響しているという状況ではないためです。

  • ポケットマルシェ
download-1

例えば筆者も運営に関わっている『ポケットマルシェ』では、生産者さんから直接野菜を買うことができます。
筆者も先日「青木瑠璃さんの野菜セット」を購入しました。農薬や化学肥料を使っていない新鮮な野菜が1,728円。関東なら送料を含めても2,214円です。
実際に届いた野菜がこちら。

26230075_10215320190027467_7893545903868192846_n

1月4日に注文して、届いたのは9日。新鮮な野菜が心細かった冷蔵庫の野菜室を一瞬で満たしてくれました。
どれも新鮮で普段手に取るものとはどこかしら違っていて、一つ一つの味を楽しみにできるというエンターテインメント性がもともとの醍醐味の一つだと筆者は思っています。
生産者の方に「ごちそうさま」を伝えられるという部分も大きなコンセプトなのですが、今回は記事の主旨とは異なってくるのでそれはまた別の機会に。

ネックは、出荷するのが個人規模の農家さんであるため、出荷できる量に限りがあるということです。メディアで取り上げられたりすると、一瞬で人気商品が完売状態になってしまいます。笑
気になった商品があれば早めに注文しておくのが良いでしょう。
野菜セットの一覧はこちらから!

※ 変にステマ記事として炎上して運営チームに迷惑をかけたりしたくないので再掲しますが、筆者もポケットマルシェの一部運営に携わっていたり、ほんのちょっとですが出資をさせていただいたりしています。

  • オイシックス
download-2

言わずと知れたアグリテックの雄、『オイシックス』さんも野菜の不作をあまり価格に反映していないようです。
16品で1,980円という新春キャンペーン中で、我が家も実際に注文したところ、満足なボリュームの野菜+α(ツナやプリンなど)が送られてきました。
一点一点はちょっと小ぶり気味ではありますが、そうはいっても品数が担保する全体のボリュームを考えると、十分なお得感があります。(写真はすみません、撮り忘れました…。)

流通形態としては、オイシックスさんが全国の契約農家から仕入れて、それをセンターでまとめて発送するという方式を取っています。
「しっとりーも」「あめトマト」「栗じゃがいも」など、その濃厚な味と甘みを売りにした品種の野菜がセットになっていることが特徴です。

今こそ試しておきたい野菜のネット通販

ただでさえスーパーと比較したときにおいしさ・新鮮さにアドバンテージがある(傾向にある)のに、ここ最近の流通価格を考えると更に「コスパが良い」という付加価値も乗っかってくる、ポケットマルシェやオイシックスなどのネット通販。
「まだ利用したことがない!」という方がトライアルするのには絶好の機会なのではないかと思います。
先日個人的にポケットマルシェのことをFacebookでシェアしたところ、かなり反響が大きかったのもあり、今回改めて記事にまとめて発信することにしました。


1913cf92eb791cd13386e9ec62b238c5_s

農家さんのことを考えたら両手を挙げて喜んでばかりもいられない、ビジネス視点で見るネット通販

消費者目線で見ると、野菜がリーズナブルに買えておいしさやエンタメ性といった付加価値まで得られて、良いこと尽くしです。
が、一方でこれだと市場のおいしいところだけをつまみ食いする「クリームスキミング」的なやり方だと見なされかねません。
ここからはちょっと消費者目線を離れて、もう少し広く市場を捉えていきます。

野菜の市場価格が高騰しているのは、生産者・農協・卸・小売といった物流システムで全国の偏りを吸収した結果と考えて差し支えないでしょう。
つまり、中には不作の影響を受けていない農家さんもいて、その農家さんとしては通常価格で販売しても特に生活が困ることはないのですが、この比率が高まってくると、市場全体の保険のような機能がワークしない事態に陥って、局所的な不作の影響はより大きなものになってしまいます。
先述したオイシックスさんについても、野菜の不作の打撃は少なからず受けているはずで、それを価格に反映していないのは、オイシックスさんなのか農家さんなのか、どこかで一時的に吸収しているということに過ぎないだろうと推察されます。(四半期決算を待てばより正確な解が得られるかもしれません。)

2a5d008d7d5a5a30bd196002718bf5d1_s

もちろんネット通販事業者がクリームスキミングを意図的に狙っているというわけではないでしょう。そもそも天候不順にならないと儲からないビジネス構造に継続性があるとは思えません。
ポケットマルシェの取り組む生産者と消費者の直接取引は、構造的にはアパレルで言うSPA(製造小売)みたいなもので、消費者には価格メリットを、生産者には高い収益性をもたらしうるものです。生産者サイドの根本的な収益性を高めることができれば、それ自体がセーフティネットの代わりになるということもありえるし、流通構造自体が変われば現在とは異なる保険のシステムが構築されていくことが想定されます。

ただし、長期的な視点に立つと流通構造の簡略化は大きなトレンドになっていくだろうと考えられますが、現時点ではC to Cの小口配送には相対的に流通コストが高くつくことから、平時は割高になるか、生産者の手間を取ってしまうかに陥りがちです。
これらを穴埋めするのが、既存の流通システムを通すと得られない新鮮さであったり、生産者とのつながりであったりするわけです。
価格面以外で価値を生みながら取引量を増やしていき、スケールメリットを活かせるところまでいかに持っていくかが短期的な課題になってくるのではないかと思います。

d1dee198d28e6bc25f1b50b1b7db2ec9_s

この他、イオンの運営する『イオンネットスーパー』なんかは、既存の店舗網を活かすことで配送コストを抑えるということに成功しています。
基本的には「スーパー価格+少額の配送料(324円!)」で、かつ配送までのリードタイムをほとんど待たずに配送してもらうことができます。スーパーに行く時間を買うという考え方であれば、これ以上のものはなかなかないでしょう。(ただし近隣にイオンの店舗があるエリアに限る。)


群雄割拠な食のネット通販。
消費者視点でも、ビジネス的な観点からも、なかなか面白いことになっています!

2017年2月26日に電子書籍『デザインにセンスはいらない! - 知るだけで差がつくデザイン講座』を出版しました。
漫画調なのでストレスなく読み進めることができて、一方で内容は小手先のテクニックというよりも、しっかりと基礎理論から学べるように深掘りしているので、キャリアパーソンとして一生使える血肉にしていただけると思います。
お値段はコーヒー1杯より安い249円!

banner

ありがたいことにご好評をいただいていて、
  • グラフィックデザイン
  • デザイン
  • 芸術理論・美学
の各カテゴリーで発売日からずっと1位をキープしています。(2017年3月2日現在)
今回は書籍の制作段階から1位キープに至ったまでの裏話を記事にまとめます!

19

書籍『デザインにセンスはいらない!』はどういった体制で作られたのか

この電子書籍、出版社を介していない、いわゆるダイレクト出版です。
実際には2人体制で制作されています。
著者: 酒井聡
_SY200_
著者は私、酒井聡です。
学生の頃のアルバイトから始まって、デザインワークをかれこれ10年くらい続けています。
社会人になってから、情報誌やウェブメディアの編集経験もそれなりに積んでいます。
htmlも普段から業務で書くことが多いので、書籍用のファイルを作るためのxhtmlの編集も特に問題なくできました。(詳細は作り方を紹介している記事に譲ります。)
イラスト: 山元隼一
プロフィール画像-508x455
イラストの担当はアニメ作家・アニメ監督として活躍している山元隼一。
東京都の選出するアニメクリエイター8組にも選ばれている、気鋭の作家さんです。
手がけた作品は「熱血人面犬」「ジョブチューン」「トラウマスター」など多数。
酒井とは大学の研究室が一緒で、大学の友達の中では一番一緒に昼飯を食っている気がします。
公式サイト: http://falcon-one.net/ 

デザイン、イラスト、編集、コーディングといった制作に必要なスキルは網羅できているので、特に困ることもなく、双方本業の合間に時間を取って、2か月くらいでコツコツと作り上げました。

書籍『デザインにセンスはいらない!』はどのように売られたのか

1. 知り合いに告知する
イラストの山元と著者の酒井が頑張ってFacebookで知り合いに告知しました。
これはまぁ誰もがすることだと思います。
ちなみに酒井のFacebookフレンドは1,000人弱。交流会とか苦手でほとんど顔を出さないので、積極的なCEOさんと比較すると決して多い方ではないと思います。
2. オウンドメディアで宣伝する
もう一つ、これは去年から仕込んでいた秘密兵器なのですが、クリエイターを支援する『AI-CATCHER(アイキャッチャー)』というWebサービスを酒井と山元、GD(仮名)の3人で運営しています。
ここに思いっきり書籍の宣伝を埋め込んでいます。

48

アイキャッチャーはメディアやブログをマンガ化することのできるサービスです。
山元隼一のイラストを初めとして、500点近くの素材が商用フリーで配布されています。

02_ai-maker

サイトに組み込まれている画像編集ソフト『AI-MAKER』を使えば、IllustratorやPhotoshopなどの高価なグラフィックソフトを持っていなくとも、使いこなせなくとも、素材をオリジナルにカスタマイズできます。
ウェブベースで動き、専門知識も不要。
ブログのアイキャッチ画像を作ったり、ちょっとしたバナーを作ったりするのに最適です。
こんな見出し画像を簡単に作れます。

04_example

このサービスはまだβ版ながら、2016年の10月から公開していて、今は月間3,000人くらいのクリエイターに利用されるくらいには育ってきました。(※まだまだここからが伸び盛り!)
このため、3,000人くらいのクリエイターに毎月書籍の宣伝ができるわけです。
出版社を通さない出版の最大のハードルは流通にあるわけですが、これを何とか攻略するのが最大のポイントになってくると思います。

書籍『デザインにセンスはいらない!』で儲かるのか?

kindle direct publishingで発売していて、単価は249円。
販売の70%が出版者の取り分となります。ちなみに249円未満の価格設定にすると、出版者の取り分は35%に半減します。
実際には249円に消費税も含まれているため、出版者のロイヤリティは1冊あたり159円となっています。
ということは、1日6冊でも細々と売れたら月の収入は3万円くらいになります。
頑張って10冊くらい出版したら毎月30万円入ってくるという構図も十分に考えられます。

59

出版社経由で本を出すと印税10%(kindle direct publishingの1/7)とはよく言われる話ですが、3.5倍の価格設定にした上に2倍売るみたいなハードルを考えると、kindle direct publishingという選択肢も悪くないと思えてきます。
カテゴリー1位を取れば、そのカテゴリーの本を買いに来た消費者にもリーチできるので、ランキング効果で更に売上が伸びていくことも期待できます。

じゃあ出版社はいらないのか?

4a4719b7a48b9efc9f8215ba7bd9035e_m

この流れでこのテーマだと「出版社はいらないよね」という極端な結論が期待されそうですが、個人的には出版社の持つ編集機能と流通機能は付加価値が高いと思っています。
日本の編集者のレベルは高い
アメリカの翻訳ものとを比べると、日本の書籍の編集のレベルは非常に高いと思います。アメリカの翻訳ものが20ページで済むような内容を500ページに渡って繰り返しているものが多いのに対して、日本の書籍はしっかりと情報の整理がされていてムダが少ない傾向にあります。
書店は最も合理的な広告塔
また、そうは言っても書店に並べられる魅力は大きいものです。
本を買いたい人がやってくる書店に陣取るというのは、一番合理的な広告手法だと思います。
Web業界にいたら忘れがちなことですが、Webの住人は全体から見ると決してマジョリティでもありません。

パブリッシャーに相談するのは "売れてから" でも遅くはない

紙の本を流通させるには、コストがかかります。
紙の本として入稿データを作るのも手間ですし、地味にすごい校閲にはマンパワーが求められ、印刷・製本するために印刷所が稼働し、流通するには物流機能が一通り必要になります。
これだけのコストをかけるからには、初版として3,000部は最低でも必要だと言われています。
編集者さんは「この企画で本を作ったら最低でも3,000部本当に売れるんだっけ」ということを事前に精査します。類書がどれだけ売れているかとか、著者のネームバリューや販路がどれくらい実売に結びつくかとか、そういうエトセトラを考慮して判断します。

a60d9008d1d251903ba559c097419547_m


何かストーリーを実写化したり、アニメ化したり、商品化したりするのも構図としては紙の本と変わりません。
初期コストが大きくかかるために、「本当に売れるのか」を精査する必要があります。
だから伸るか反るか分からない新人監督よりも、有名な熟練の監督に依頼が集中します。
オリジナルの脚本よりも、既に売れている小説や漫画を原作とした映画やドラマが作られます。

だから僕たちは自ら「アイキャッチャー」という販路を作っています。
「売れた」という事実が何よりも説得力のあるエビデンスになります。
自分たちで色々売ってみて、売れたらパブリッシャーの力を借りて、更に洗練させてより多くの人たちに提供していく。
そんな流れを作っていけたら良いと思っています。


最後に、もう一度宣伝をば…。

banner

『デザインにセンスはいらない! - 知るだけで差がつくデザイン講座』、コーヒー1杯より安い249円で販売中です。
「読みやすい」「ためになった」と内容に関しても良いフィードバックをいただいております。
ぜひぜひデザインも分かるビジネスマンになるための礎としていただけると幸いでございます! 
そして出版社さんからのお声がけもウェルカムでございます。売れます! 

↑このページのトップヘ